FC2ブログ

Precious Diary

I am 昔は主人より男前!現在情緒不安定!!只今イギリスにて手探り2人育児中!!!

◎  エジプト旅行記 - 4日目(カイロ→シャルムエルシェイク) 

昨日のおっちゃんが空港まで送ってくれて、
私たちは無事にカイロの旅を終える事ができました。

3日目ともなると、街の騒音にも、砂埃にも、物乞いの人にも、
車がビュンビュン走っている間を横断する歩行者にも、
全部慣れるものだなぁと思いました。

さて。カイロから、リゾート地シャルムエルシェイクへ。
飛行機で1時間です。

私たちはシャルムエルシェイクなら
自分たちでタクシーを捕まえられるだろうと思い、
タクシーの手配をしていませんでした。

それが間違えだった。。。

カイロ程こわい雰囲気はなかったけど、
そこにもやはり悪徳タクシーしかおらず、皆で口裏合わせて「30ドル」という。
3000円弱。

ボッたぐられている事を、私たちは知っている。

でも、困った事に電話も持ってないし、ホテルがどこにあるのかも分からないし、
どうする事もできない。

困っていた所に、オランダ人の女性が私たちに声をかけてくれた。

「私の車がもうすぐ来るから、私の側にいなさい」

私は最初すっごい「この人あやしいに決まってる!」と思ったけれど、
その人にすがる事しかできず、結局その後1時間くらい
その女性と車を待つ事にしました。

不安な中の1時間って結構長いんです。
来るのか来ないのか分からない車を待ちながら、
私はどんどん人間不信になっていった。

待っている間、おばさんは自分がエジプトでどんなに苦労したか、
だから私たちの事を助けてあげたかったとか、
覚えておくと便利な言葉とか、乗っていいバスの種類とか、
色々な事を教えてくれた。

それでも私は疑い続けている間に、本当に車が迎えに来てくれた。

おばさんは、その車の運転手さんに
私たちの事をホテルまで送って欲しいとお願いしてくれた。

でも、その車の人は、自分は用事があるから、
途中まで乗せて行って、途中でタクシーを拾ってあげるよと言い、
私たちを車に乗せた。

もちろん、不安・不安・不安。

でも、その人は言っていた通り、途中で私たちを下ろし、
タクシーではなく、丁度来たバスを止めてくれて、
私たちをホテルまで送るように言ってくれた。

私たちにかかった費用、2人で15エジプトポンド。約200円。
本当は何十円かで乗れるんだけど、200円は観光客価格。
それでも、3000円のタクシーに乗らざるをえなかった所を、
親切なオランダ人とエジプト人に救われて、これだけですんだ。

私たちは、今しがた出会った身元も分からないアジア人に、
こんなに優しくしてくれた彼女たちにとても感謝しました。

本当に本当にありがとう。

私も困っている人を見つけたら、積極的に助けようと思いました。

そして、図らずしも現地のバスに乗ってしまった自分たちに超感動!
すげーぜ、私たち!


更新頑張りますので、日々のクリックお願いします
スポンサーサイト



COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://precioustime.blog2.fc2.com/tb.php/1589-dfbc2e9c


back to TOP