FC2ブログ

Precious Diary

I am 昔は主人より男前!現在情緒不安定!!只今イギリスにて手探り2人育児中!!!

◎  空間コーディネート 

もうすぐクリーナーが来るなぁとソファでボーッとしながら、
まるで引っ越しでもするかのような、何にもないリビングだなと
ボーっと見つめる。




子供達が走り回るから、ゴタゴタはさせたくないけど、
何かもう少し色味が欲しいかな。



クリスマスツリーあった時はそこそこ良かったから、
同じ場所に大きな観葉植物でも置こうかな。



でも、そういうのも考えるの面倒くさいから、
空間コーディネーター的な人が
ちゃちゃっと素敵な部屋にしてくれないかな

なんて考えていたら、クリーナーが来たので
おしまい。



本当、ただの日記 笑




スポンサーサイト



◎  その後 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

◎  不便を生きる 

いつも愚痴愚痴言ってるけど、
外国で生きるというのは、不便の中で生きるという事。



配達は未だに時間指定なんかできないし、
できても向こう都合に指定されたうえに、守ってくれない事もしょっちゅうだし、

接客業の店員が喋ってばかりで
客に見向きもしない事も当たり前だし、

レジではお金の計算はみんなできないし、

宅配スーパーで、お金まで払って時間指定してるのに、
電話かかってきて「近くにいるから早く行っていいか」とか言って、
時間指定料払ってる意味だし、

まぁとにかく、何をするにも一筋縄じゃいかないし、
何をするにも不便なのが当たり前。



先日、サブローのイギリスパスポートを申請しました。

何日か経つと、
親の永住権証明も追加で出せと催促されたので、
それもすぐに送りました。



そして、予定よりは時間がかかったけど、
無事にサブローのパスポートが家に届いた。



そして、誕生日が間違っていた。



なんなの。なんで1回でできないの。
日本なら絶対にありえないでしょ。パスポートの誕生日が間違ってるって。
でも、それがあり得るのがイギリス。



使い始める前に気づいて本当に良かったよ。

しかも、向こうのミスなのに、発行されてから何日か以降だと
またお金払わないといけないようで、
なんで?って感じでしょ。



で、そっから今度はどうやって訂正してもらうかを調べたわけなんだけど、
またサブローの出生証明と一緒にパスポート送ってこい
とか言うわけ。



出生証明だって12ポンドくらいかかるし、
送料だって6ポンドちょっとするんだけど、
なんでうちがその分まで負担しないといけないわけ

と、私は不満タラタラでした。



が、まさかのパスポートオフィスの対応が神対応で、
すごい迅速にパスポートの返送先を教えてくれ、

返送したらすぐに電話がかかってきて、
謝罪と共に、送料の返金はもちろんすると言われ、

そして、出生証明も返ってきた!



やるじゃん、イギリス!って思ったよね。



そもそも、間違えることがどうかと思うんだけど、
でも、もともとの発射台が低いから
ちょっと普通の対応するだけで、すごいできる奴に思えるwww


という事で、無事にサブローのパスポートもゲット。



私が引きこもりでストレスがやばいので、
ちょっくら旅行にでも行ってこようと思います。



◎  ようやく終了 

大きなストレスになっていた「家の工事」がようやく終わりました。



8月にこの家に引っ越してきてからの6ヶ月間、
ずーーーーっと家に誰かがいたり、勝手に来たりする状況でした。



そして、産後すぐから始まった庭の工事が
メガトン級にストレスで、

新生児がいるのに、リビングの窓を開けておかなきゃいけないわ、
朝と3時にコーヒー出さなきゃいけないわ、
自分の家の敷地に車も停められないわ、
好き勝手にピンポンしてきたり、ドア開けたりしてきて
プライバシーが全然なかった。



お友達に紹介してもらった庭ビルダーだったんだけど、
ちょっと変わった(いや、かなり変わった)おじさんで、
子供がいないからか、赤ちゃんがいる生活がどれだけ大変なものか分からないらしく、
全くタイミングというものを考えてくれず、
やれ外出てこいだの、
車動かせだの、
コーヒーだせだの、

本当ーーーーーにストレスだったわ。



特に、産んだばかりの時は頻回授乳で半裸状態で家の中にいるのに、
勝手にリビングのドア開けられて何か言われたりして
おいおいおいって。



サブローの沐浴してる時とかに
エクスキューズミーとか言われて、勝手にドア開けられた時には
殺意すら覚えた。



当初は3週間で終わるはずだったのに、
結局3ヶ月ですよ、庭の仕事にかかった時間。



ほんっっっとうによく耐えた、私。



さて。ビフォーアフターです。



この家を買った時の庭。



家を改築したらこんなボロボロになってしまい。



子供たちが楽しめるような庭にしようって事で、
こんな風になりました。








夏が待ち遠しいです。



◎  ぽんこつ 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

◎  可愛いイチロー 

イチローが2才の時の節分の様子が動画に残っていて、
それを結構前に息子と見ました。



妹の家で家族全員で団欒している時に、
鬼に扮した義弟が外からやってきて子供たち大パニック

っていう、大人からしたら笑える動画なんだけど、
もうイチローも笑って見てくれるかと思いきや、その日から



日本へは行きたくない。
ともんち行くと鬼が来るから、ともんち行きたくない

と言い出した。



子供だし、節分なんて行事もわからないから、
日本の家にはたまに鬼が出るって思ったらしい。



その日から、
イチローが日本行くのは3月だから、鬼は出ないよ。
日本に鬼が出るのは2月だけだよ

若干変ななだめ方をしていますw



そして新年になって、
普段、私は子供の前では自分の見たいテレビは見ないんだけど、
どうしても「笑ってはいけない」の剛くんのシーンが見たくて、
イチローがいたんだけど、見ちゃったの。



剛くんのシーンだけ見て、テレビ消して、
イチローに日本帰ったら、日本のバスも乗ろうねと言ったら。



やだ。



と一言。



バス・電車大好きなイチローだから、絶対乗りたがると思ったのに、
なんで嫌なんだろうと思ったら、



日本のバスに乗るとヒットされるから、日本のバスには乗りたくない。
日本も行きたくない。


って。



一瞬頭がハテナになったけど、
バスに乗った人たちが、お尻をヒットされてる姿を見て
日本のバスに乗ると、もれなくケツを叩かれると思ったんだって分かり、
私達、大爆笑。



イチローにとっての日本のイメージは、



家にいると鬼がでてきて、
バスにのるとお尻をヒットされる国。




そりゃ行きたくないわな。



あー、可愛い。
子供って本当純粋。


◎  2020年 

明けましておめでとうございます。
こちらは2日から通常通りの生活になっています。



久しぶりのイギリスで迎える新年だったけど、
やっぱり正月は日本に限る。

全然新しい年になったぜ感がありません。



今年の年末からは毎年帰れるかなぁ・・・?



今年の目標は

これ以上、夫婦関係を悪化させない事。



去年は本当に生活にストレスが多すぎて、
常にイライラしていたような1年でした。



進歩せず、ただ後退していくばかりのサムライ氏にも飽き飽きし、
何度も何度も離婚したいなと思いました。



母親はいつも不機嫌だけど父親がいる方が大事か、
父親はいないけど、母親が笑ってるほうが大事か、
何度も何度も考えた。



なので、毎年思ってるけど、
今年こそ穏やかに過ごしたい。



そう過ごせるように私も努力しようと思ったのに、
既に2日から「あぁやっぱり離婚したい」って思いましたが。



自分ばかり努力しても、
あちらも変わってくれないと無理だよなと
新年早々がっかりしました。



もう子供を産む予定もないし、
今年中にはホルモンバランスも整うだろうし、
願わくば私のこの異常なるイラつきはホルモンのせいだったって事で
これ以上、夫であり、子供たちの父親に対して
「悪」の気持ちが増長しませんように。



今年は平和に過ごせますように。



本当切実。



よろしくお願いいたします。




back to TOP