FC2ブログ

Precious Diary

I am 昔は主人より男前!現在情緒不安定!!只今イギリスにて手探り2人育児中!!!

◎  出産記録④ 

私達は嬉しかった。



イチローを産んだ時、全く訳も分からず、
ただただ苦しくて、ただただ無駄に時間がかかって、
とても苦痛だった思い出しかないけど、

今回の先生は、私達と同じ考えで、
リスクのある促進剤とかを半ば強制的にやるわけでもなく、
心苦しそうにお腹を切るというチョイスを出してくれたのが
本当に嬉しかっった。



これだけ頑張ったのに残念だけど、良かった。
saburo05.jpg

その時の時間がもう夜中の1時半とかだったから、
手術になるにしても、朝を待ってからになるのかななんて思ってたら、

そんな事ないわよ!今すぐ行きましょう。
って。

さっきは来てくれるまでに超時間がかかった麻酔科医も、
今度は光のスピードで現れて、麻酔を追加してくれた。
(この麻酔のおかげで、後に大変な思いをする事を私は知らないw)



お腹の傷も、今の傷はちょっと太いから、
もう少し分かりづらくしてあげるわ。

って、神かと思ったわ。



UCLHでの出産の時とは大違いの対応に、
まじでこの病院を選んで良かったと思ったね。



イチローの時のあの待ち時間ばかりの苦痛は何だったのかと。



そして、あれよあれよという間に準備は進んだ。
サムライ氏も準備完了。
saburo01.jpg



人が沢山いるシアターに通されて、あっという間に開腹。
saburo07.jpg



私からは作業は見えないし、
麻酔のおかげで全然痛みはないんだけど、
引っ張られてる感じとかは分かって、
どうにも赤ちゃんを取り出すのに苦労している様子。



2人がかりで結構まごまごしてるから、
大丈夫かなって心配と共に、
どんだけでかいのが私の腹に入ってるんだろうって恐ろしかっった。



かなり引っ張られて、ようやくでてきた赤ちゃん。



10月15日 午前2:16
3932gでサブローこの世に登場。
saburo08.jpg


続きます。


スポンサーサイト





back to TOP