FC2ブログ

Precious Diary

I am 昔は主人より男前!現在情緒不安定!!只今イギリスにて手探り2人育児中!!!

◎  クリスマスランチ 

クリスマスランチ。
我が家はシティ近郊のステーキハウスへ行きました。
(ファミリーレストランではなく、普通のお洒落レストラン)



沢山の店員さんとお客さんに可愛い可愛い言われる息子たち。

お店が忙しいのに、息子の工作を手伝いに来てくれる店員さん。

キーキー騒ぐジローにも、温かい眼差しをむけてくれる
他のお客さんたち。



やっぱり子育てはこっちだなぁ。




お手洗いから戻ってきた時、
自分の子供たちの遊んでる背中が可愛すぎて
あぁ、今年のクリスマスは幸せだなぁ
と思ったのでした。



スポンサーサイト

◎  キラキラした目 

年末の挨拶をしましたが、
クリスマスの様子を記録しておきたく、アップ。



先日、サムライ氏の会社訪問があったので、
子供たち2人、
おめかしして父親の働く姿を見に行ってきました。




こういうのっていいよね。
とってもファミリーフレンドリーな企画だと思う。

私もサムライ氏の部下にSay Helloできたし、
父親が普段どんなところでお仕事しているのかが見れたイチローは
とても嬉しそうでした。



会社にはたくさんの子供たち。



マジシャンがマジックショーをしていたので、
イチローも観覧。




こういうのを見たのは初めてなんだけど、
イチローの目が興味津々で、キラキラしてて
あぁ、連れてきてあげて良かったなと思った瞬間でした。







また来年もお父さんの会社、行こうね!


◎  メリークリスマス 

久しぶりのイギリスで過ごすクリスマス。3年ぶりか。
いいですね、やっぱり。
みんなが盛り上がって、浮かれて、ふわふわしてる感じが好き。



でも、このクリスマスが終わると、
急にシューーーんとつまらないイギリスに戻ることも知っている。



やっぱり、クリスマスはこっち。
正月は絶対日本ですね。



さて。
今年のクリスマスは、イチローがもう色々分かる年になったので、
あちこちクリスマスを堪能できる場所へ出向き、
とても楽しかったです。



イチローもあちこちでプレゼントをもらい、
本人としても
クリスマスというのは、あちこちで何かもらえる
とても良い日だな

と認識しているに違いない。



子供はいいなぁ。
ただただ純粋で。



私は、とても忙しいスケジュールを
片親さながら一人でこなしているので、
サムライ氏への怒りが湧き上がるばかりの、収まる事知らず。



私は一人で子供の事をし、
夜になると家事に追われているのに、
あいつはただ会社に行き、
夜になると1人優雅に飲みに行ってるのかと思うと、
死ねばいいのにって心の底から思わざるをえなく、
最近は(も)喧嘩が多いです。(私が一方的に顔も見たくないだけだけど)



今週末も口きかなかったんだけど、
わざわざ花を買ってきて、

私を怒らせるのは今年で終わりにしますので
どーか許してください


というので、また許して上げるしかない私。




あぁ。
本当にそうしてほしい。
来年こそはキーキー怒鳴らないで、平和に暮らしたい。
子供たちの前で、怒りたくない。



絶対に無理だけどね。



今年、これ以上更新できるかわからないので、
とりあえずご挨拶。



今年もこの邪悪な気で溢れているブログを読んでいただき
ありがとうございました。



きっと来年もまだ邪悪ですが、
よろしくお願い致します。



皆様、良いお年を。



Wish you all a merry Christmas and happy new year!!




◎  久しぶりになってしまった 

知らぬ間に、ブログを1ヶ月以上も書いていなかったという。。。


あれもこれも、記録しておきたいという事はたくさんあるのに、
インスタには長すぎるし、
パソコンと向かい合う時間はないし。


11月に入ってから、
特に何をしてるってわけでもないのに、
時間がたつのが早い早い。


12月に日本に帰るという事実は認識はしていたものの、
気づけばもう来週に迫っていました。。。


こんなに、日本に帰ることを
指折り数えなかったのは初めての事だね。


息子たちの病院の予約だけはしたけど、
誰と会う予定も入れてない・・・


最近は、前以上に感情の起伏が激しくなり、
夫に対して怒るのと同時に、涙が出てくる事も多くなってきた。


びっくりする程、常識のない&学習能力のない夫に対して
相変わらず苛つく日々が多いです。


先月かかっていた心のモヤモヤは、
サムライ氏が俺、頑張るから。改善するから。と切に訴えてくるので
切り捨てることはせず、
またヤルヤル詐欺のようなものにかかってあげています。


日本で少し、心が癒やされるといいなと思います。


かわいい息子たちをお迎えに行ってきます。




back to TOP