FC2ブログ

Precious Diary

I am 昔は主人より男前!現在情緒不安定!!只今イギリスにて手探り2人育児中!!!

◎  イチローの優しさ 

週の初めの3日間ほど、イチローがお熱くんでした。



日中はジローとの2人の生活に慣れてしまっているので、
連日子供2人と家に缶詰というのは辛かったです。



しかも、辛そうにしているイチローを見ているのも辛かった。



でね、お熱があった時の夜の事。
夜中の2時くらいかな。



いつもの通り、イチローとジローに挟まれて
とても窮屈に寝ていたんです。



私は子供に挟まれて寝ている事を「幸せ♡」だけとは感じられないので、
毎日とても1人で寝たいと思い続けています。




お熱で起きちゃってたイチローに
母さんトイレ行ってくるから待っててね
と行って、トイレに行きました。



戻ってきたら、案の定ジローが私のぬくもりを追って寝返りを打っていて、
私の寝るスペースがなくなっていた。



「はぁ・・・」ってため息をついていたら、
ウトウトしていたイチローが、横にずれてくれて

お母さん、ここ、どけてあげたよ。
一緒に寝よう♡


って、私にスペースを作ってくれたんです。



そのスペースは、頑張ってもぬいぐるみ1つが入る程度の
狭いスペースだったんだけど、

自分が熱で辛くて、ウトウトしながらも、
母のためにスペースを作ってくれたイチローに
涙が出ました。



母さん、いつも一緒に寝るの嫌だって言って
ごめんねって、素で泣けた。



そして、その少しあと、
ゴホゴホと咳をし続けるジローに、
そっとジロー用(とイチローが決めつけている)のうさぎのぬいぐるみ
通称「ねんね」をおいてあげていた。



正直、ジローはねんねに対する執着は全く無く、
むしろいらないくらいなんだけど、

自分が辛い時、ねんねが心の救いになっているから、
だからジローにもそっと置いてあげたんだなって思うと
また泣けたよね。



いや本当、うちの子めちゃめちゃ優しくて
どうしよう。



なんて幸せなんだろう、私。



そう思いながら、その夜は窮屈な中寝ました。



でも、その後もしばらく1人で喋り続けていたイチローに、
30分後には「うるさいイチロー。お喋りしてないで、目瞑って寝なさい」って怒っていましたwww
私は眠さには勝てません。




やっぱり子供はうるさいくらい元気でいてくれる事が
とってもとってもありがたい。



大好き。



スポンサーサイト





back to TOP