FC2ブログ

Precious Diary

I am 昔は主人より男前!現在情緒不安定!!只今イギリスにて手探り2人育児中!!!

◎  夕飯 

週末はサムライ氏が夕飯担当。



そして、焦げ臭いにおいと共に出された
今夜の食事。




私をガンにして殺そうとしてるのかと思ったわ。

(焦げを食べ過ぎるとガンになるっていうでしょ)



スポンサーサイト

◎  肉食系男子? 

金曜日。
少しだけ気が楽になる日。



我が家の肉食系男子のために、今日は手羽元てりやき。




イチローがこないだ喜んで食べていたのを見て、
もうこういうのも食べられるのか〜と感動。



今日は何本あげようかなァ♪



ジローは今日も良い子です。




もうすぐこの子も離乳食が始まります。
また一段と手間が増えますね_| ̄|○ il||li



ま、成長を喜ぶとしよう。



さて。
ジローの体重でも測りに行こうかな。


◎  長文愚痴! 

イチローが未だに落ち着いて寝てくれず、
夜中の授乳もあるので、私はかなり寝不足です。



そして、かなり苛ついている。



ポジティブシンキングを保つのはとても難しく、
なんてやりがいのない毎日を送っているのだろうと落ち込む
ネガティブ状態で生きています。



毎朝、イチローを保育園に送り出すまでが、
猛烈な向かい風の中走ってる気分で、全然進まない。



ほんと、びっくりするくらい全然進んでいかなくて、
朝だけでかなり老け込む。



日中は基本的にジローとくっついており、
眠ったすきに夕飯の支度をすすめていく。



16時、イチローを迎えにいく。
気絶しそうな程、服が汚れている。
ミートソースのでっかいシミと、砂場で遊んでるから泥だらけの体。。。



帰ってきて、そのまま2人お風呂。
こちらの風呂場は洗い場がないので、子供の風呂は本当に面倒。
そして、かなり腰が痛くなる。



そして、うるさい人、ご飯。
まだ上手に食べられないので、また手や顔が汚れる。
嫌いなものは食べさせろとか言うから、食べさしてやる。



この辺でサムライ氏が帰宅。



ここから約45分の間でシャワー浴びたり、イチローの汚れた服を手洗いしたり。
最近はこの手洗いの時間にかなり手間をとられている。



風呂場も息子たちが寝る部屋にあるから、
彼らを寝かせる前までにシャワーを浴びなくてはいけない。



もちろん毎日入る余裕はなく、2日に1回、ものすごく急いで。



これがすごくストレスだ。
毎日息子たちが寝た後、お風呂にでもゆっくり入る時間があれば、
少しはリラックスできるのに。



そして19時、ジロー就寝。
その後、イチローも就寝。
寝かしつけはサムライ氏にお願いしてるが、
寝てるジローの傍で「お母さんがいーいー」と喚く。



夕飯の仕上げをし、洗濯機を回し、
それでも騒いでたら寝かしつけを変わる。



イチローが寝たら、大人ご飯。



夫が準備された夕飯を、当たり前のように食べる。
私はほとんど1日かけてご飯の準備をしているのに、
当たり前のように食べられるのが非常にムカつく。



そして、洗濯物干して寝る。



なんの達成感もない毎日。
特に誰かと話すわけでもなく、1日中人と喋らないこともよくある。



誰かが褒めてくれるわけでもなく、
資格がもらえるわけでもない。



人のそんな気もしらないで、夫は

やれ、
9月に1週間出張
だの

明日飲みに行ってきていいか
だの

お気楽に言ってくる。



なぜ同じ親なのに、
私は温かいお茶を温かいうちに飲むこともできないのに、

夫は自分の好きに生きて、ジム行って、飲み行って、
そんで私が「私は大変なんだよ」と言うと、
「大変さを競ってるわけじゃないでしょ?」とか言われ、
なんかもう何なんだろって感じ。



と、愚痴ってみました。



多分、どのお母さんも同じような毎日を送っているんだと思う。
要は捉え方。



一生懸命
せっかくなら楽しんでやろう。
こんな大変な時期が一生続くわけじゃない!

って自分に言い聞かせてるけど、

何かの拍子に

もうダメだ・・・_| ̄|○ il||li

ってなる。



それは大抵、夫への怒りがMAXに達した時。
私のポジティブシンキングの道を邪魔するサムライ氏。



学習能力がない彼と、本当によく喧嘩をする。
その度に仲直りしても、
仲直りする前の気持ちまでは戻らないから、
どんどん夫に対して冷ややかになっていく一方です。



とにかくどっちか。



イチローのイヤイヤ期が終わってくれるか、
夫が学習能力をつけて、もう少しまともな人間になってくれるか。



今の状態はとても疲れる。



ジローはただただ可愛い♡


◎  ベルト事件 

今朝、久しぶりにベルトをして、Tシャツをインしたら、
イチローがすごい勢いで飛んできて


お母さん、どうしたの?おけがしたの?
痛いの痛いの飛んで行けする?



と、ベルトをした部分をさすってくれた。



きっと、見たこともない物をお母さんが腰に巻いてきたもんで
息子的にとっては「何事?!」って思ったんだろうね。



可愛いな。


カーズのシートで正座のイチロー(笑)


◎  サムライブルー 

サムライブルーの子供達プラスおじさん。
今日日本戦があるようなので。





イチローはかなりどんくさいと思うけど、
将来サッカーはやるのかなぁ。



◎  リピート 

朝から私に何度も怒られるイチロー。
泣いても、泣いても、私から離れない。
ごめんね、すぐイライラしちゃうお母さんで。




話は変わり、
大抵の会話はできるようになったけど、
たまに話が通じず、「あぁ、まだ2歳だもんね」と思うことがある。



1番お気に入りのフレーズは、
質問にきちんと答えられてないとき。



何個たべる?
うん、なんこ食べる。

いつ帰ってくるの?
うん、いつ帰ってくるの。



質問してるんですけど!ってなるよね(笑)



今日みたいに、あまりに怒り過ぎた時、
イチローを送り出してから
どうして自分はこうなんだと反省し、
こういう事を思い出しながら
「可愛いなぁ。早くお迎え行きたいなぁ」と思い、
お迎えに行って、家に連れて帰って来てから
また怒る。

こんな毎日の繰り返しです。


◎  リフレッシュ中 

最近とってもイライラで煮詰まっているので、
買い物のついでにジローとお茶してリフレッシュ。




この子は大人しいから、
お茶までさせてもらえてありがたやー。



ピーチアイスティーを飲みながら、検索するは

夫 いらない
夫 いないものと思う
夫 イライラ 産後
別居 離婚 準備











うちの夫は今、なんで私が怒ってるのかわからない状態で、まさにこれです。



子供を産む前は、子供がいてもずっと仲良い夫婦でいられると思っていたけど、
やっぱり理想と現実は違いますよね。



ああ、このモヤモヤも鬱陶しいなぁ。



ああ、鬱陶しい。






◎  ジロメモ 

ジローの成長についての記録が全然残せてない・・・



まとめて書こうと思っていると結局かけないんだから、
こまめにメモ形式でも残しておこう。



今、5ヶ月と2週間くらい。
下の歯2本目を顔を出してきて、「早いなぁ・・・」と思っている。


イチローの時同様、急にうんち(下痢?)の回数が増えて、
午前中だけでオムツ6回とか変えた事も。
今は少し落ち着いてきたけど、それでもうんちが多いかな。


指しゃぶり開始。
親指ちゅっちゅしてる。
軟体動物並に、足もちゅっちゅしてる(笑)


私が見えなくなると泣いたりする


スリーピーヘッド外すタイミングを図り中。
今はまだ寝返りすると起きちゃうから、
今外して夜中に何度も起こされるの嫌だなぁと思いつつ、
スリーピーヘッドの中で汗かいてるのが可愛そうだなとも思う。
とりあえずお布団でお昼寝してるから、それで様子見中。


お肌、特に顔の荒れがひどいかな。
アトピー?って聞かれる事も。
あまり引っかかないでほしいな。



とにかく、基本的にいい子。
いつもニコニコしてて、知らない間に寝てる。


ありがとう。大好きだよ。



◎  ナーサリーの愚痴です 

ナーサリー(保育園)を辞めさせる事にしました。



今のナーサリーに行き始めて約1ヶ月。
ほとんど毎日「このナーサリーに預けていて本当にいいのか・・・?」
と自問自答していた。



日本にいる間に前にいたナーサリーが定員いっぱいの為に戻れなくなってしまい、
サムライ氏にどうにか見つけてもらったのが今のナーサリーだ。



Ofsted(教育機関を評価する機関)レーティングは
評価上1番上のOutstanding。

が、今回の件で嫌という程思い知らされました。

アウトスタンディングだからって、
即ち素晴らしい保育園というわけではない
という事。



退園させる理由として、一番大きいのは
とにかく目が行き届いていない。



私が入園の手続きに行った時、
先生が少なくても3人はいる大して広くもない教室で、
園児が他の園児をフライパンのおもちゃで叩いているのを見た。



先生は何をしていたのかというと、自分の仕事に夢中なようで
何かを片付けたり、何かを書いたりしていた。



という、入園の手続きの日から「この保育園大丈夫か?」と思ったのだけれども、
やっぱりイチローが入園してからも、

朝連れて行っても、誰も受け取りに来てくれなかったり、
(先生同士でお喋りしたり、朝食食べてたりして!)

寒い日にうちの子だけ上着着せてもらえてなかったり、
(着せたつもりだったんだけど・・・ソーリーと言われ終了)

乾いたうんちがオムツに入ったまま帰ってきたり、
(臭わなかったから、気づかなかったのかしら・・・ソーリーと言われ終了)

そして、極めつけは、先日の地肌が砂だらけ事件。



砂の件をきっかけに、とにかく目が行き届いていないという抗議をして
辞めさせる旨を伝えました。



それは本当に申し訳なかったけど、
うちのサービスに対して不満を言ってきたのはあなたが初めてよ




と言われ、はああああああああ???
って感じでした。



もし、他の保護者たちが、
これが素晴らしいレベルの保育園だと思っているようなら
それはそれで他を知らないという事であり、知らぬが仏なのかしらね。



とにかく、給食を用意してくれるという点に超惹かれたものの、
蓋を開けてみれば、イチローは全くランチを食べず、
一生懸命食べたのは、アイスクリームだの、ブラウニーだの、
うちでは上げてこなかった甘味おやつばかりでした。



そして、保護者の許可なしに、園から外に出ないというポリシーがあったようで、
お散歩は一切なし。
1日何分か、園の小さなガーデンで遊ぶのみだから、
体力があまりに余って帰ってくる始末・・・



そして、お迎えに行っても大したフィードバックもなく、
いつも「ファンタスティックな日だったわ」と言われ終了。



とにかく、本当毎日がモヤモヤして辛かったです。



イギリスのナーサリーって高いんです。



日本で認可外の保育園に行かせていた時、月謝は月5万円いかないくらいでした。
それでも、妹たちからは「高いねぇ・・・」とか言われてたんだけど、
今のナーサリーの月謝は日本円にして約23万3000円です。



こんな高いお金払って、息子は砂だらけで帰ってくるわ、
母親は毎日モヤモヤしてるわ、
料金に含まれている給食は全然食べないわ、
料金に含まれているオムツも大して変えてもらえないわじゃ
意味ないっしょ。



という事で、さよなら。
いちおう、あと3週間は行くけれども。



そして、奇跡的に、前に通っていた保育園に空きがでたそうなので、
無事にそこに戻れるようになりました。



毎日お弁当を作るのは大変だけれども、
やっぱり良いと思う所に行かせるのが良いですよね。



いや本当、1ヶ月悩んで「もうやめさせるわ!」って
決断できた時の爽快感は半端なかったです。



他の人がいいって言ってても、
母親がダメだと思ったら、そこはダメなんだと思うよ。

と、先輩ママから言われた一言に救われました。



そう。イチローは私の大切な息子で、私が母親なんだから、
私がしっかり決めないとね。



以上、長文でした。

◎  陰 

昨夜、夫から思いがけなく傷つく事を言われた。



産後のホルモンも影響しているのか、
そもそも論の話なのかは不明だが、
もはや、夫への愛なんぞは急激に冷めていく一方だ。



それでもこのままじゃ駄目だと、
息子たちの為にも少しづつ努力をしようと、ここ最近頑張りだした。



が、あの人と私はどうもタイミングがあわないようで、
私が努力を始めると、
その努力しようと思う気持ちをへし折るような事を彼は必ずする。



だから、夫婦関係が改善される事は
この先もないんじゃないかと思う。



と、今朝はとても気が重かったんだけれども、
とりあえず金曜日の出来事の文句をナーサリーに伝えた。



が、結局は言い負けた。



私は、人が喋ってるのに、
かぶせながら喋ってくる人が好きじゃないんだけど、
こっちの人は特にそういう人が多いと思う。



私が説明している側から言い訳されて、
言いくるめられて、
これからは気をつけるからと言われ、
終了。



私レベルの英語力では、
文句を言われる事に慣れている人には太刀打ちできない。



日本人は比較的すぐに謝ってしまう人種だけど、
こっちの人たちは基本的に自分が悪いわけがないスタンスだから、
いちいちの事に討論しなくてはいけないので、
いちいち気が重いです。



結局、言いたいことも100%言えなかったのが悔しくて、
泣きながら帰ってきました。



よわ、私。
こんなんで、息子たち育てていけるのかな。



◎  イチローの愛車 

相変わらず車が大好きなイチロー。



今の彼の愛車です。
高級車レンジローバー❤️




イチローはこれを「レンジローバー」と呼びます(笑)



日本にいる時から、街を走る車を見て
N-boxだ!Voxyだ!って見分けがついていたけど、
今はこのレンジローバーもすぐに見つけ出し、
「あ!オレンジローバーだぁ!」と
とても嬉しそうにします。



車体が1/4くらいしか見えてなくて、
わたしにはサッパリなんの車か分からなくても
イチローさんはオレンジローバーを見つけて来る。



新型、旧型、色、関係なく分かるみたいで、
一体何を基準に記憶しているのか
不思議でたまりません。



とものブーブはボクシー。
べっくんのブーブはワゴンR。
お母さんのブーブはレクサス。
イチローくんのブーブはオレンジローバー。


と、いつも嬉しそうに車の名前を唱えています。



車の何がそんなに魅力なのか
母さん全然わかりませーーーーん。



◎  イギリスの良い所 

この国の残念な所を挙げるとキリがないけれども、
もちろん良い所もあります。



日本から戻ってきて、一番感じるのはやっぱり
子どもがいても、生活しやすいという点。



日本にいる時は、子どもがいると
邪魔にならないように、邪魔にならないようにって
行動しないといけなかったけど、

こっちは子どもを連れてる人に対して、
周りの大人が本当に優しいです。



バギーを押してれば、頼んでもないのに
段差のところでは手伝ってくれるし、

バスに乗れば、
「ここに座りなさい。ここなら子どもの顔も見えるから」と、
年配の人が私に席を譲ってくれたり、

コーヒーを買ったら、外出た所までコーヒーを持ってきてくれる。



人々が、俺いいことしたぜ感ではなく、
当たり前のように子連れを暖かく見守ってくれているのが
この国の好きな所。



残念ながら、日本はこういう環境ではないのが、
イマイチ帰国を決断できない理由にあたります。



こないだも、イチローがバスに乗りたがるから、
ジローをバギーに乗せてバスに乗ろうとしたら、

乗る間際になって、急にびびりイチローが「怖い!」とか言い出し
バスに乗り込んでくれなくて、

ドアの所で押し問答してたら、
乗客のおじさんが出てきてくれて、
イチローの手をひいて、座席まで連れて行ってくれました。



私はバギーがあったので手が空いておらず困っていたので、
本当、ありがたや、ありがたやーでしたよ。



だいたいの駐車場にはちょっと広めのファミリースペースがあって
子どもの乗り降りがしやすくなってるし、
バスや電車にはバギーのスペースもあるし、
人々は優しい。



子育ての環境として、
立ちはだかる壁は日本よりはだいぶ低いと思います。



もうひとつ、ほっこりする話としては、
いつもコーヒーを買いに行くお店があるんだけど、
そこの店員さんが、
いつも通り私のコーヒーを持って外まで出てきてくれた時
私の名前を聞いてくれました。



いつも来てくれるのに、名前も知らないから。
私はキャシーよ、よろしくね。

と。



なんだかとてもほっこりしました。



人々の優しさに触れると、
ホルモンバランスの崩れている私は、
必要以上に感動してしまうのです。



以上が、少ないイギリスの好きな部分だけど、
今の私の生活において、とても重要な部分です。


◎  憤り 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

◎  クリーナーを雇う 

前に隣の家の人に



クリーナー使ってる?
いい人いたら紹介してほしいんだけど



と言われた時、



お掃除の人雇うなんて、どんだけ金持ちだよ!
うちはルンバと私で掃除するわ。




って思ってたのが去年の話で、

我が家も今月からクリーナーさんを雇って、
おうちのお掃除をお願いする事にしました。



なにせ、
掃除まで全く手がまわらない。



そして、うち、広い。
トイレなんか無駄に3つもある。
水回り、私がいないうちにすごい汚れちゃってる。
もう私じゃ無理。



周りの人に聞いてみると、
結構クリーナーを雇っている人も多く、
お掃除の人をお願いするという事は、そこまで特別な事じゃないんだという印象でした。



早速2人ほど面接して、
とても感じ良い人にお願いできる事になり、
こないだ第一回目清掃が入りました。



私がお願いするのは、
水回りのお掃除+家中の掃除機かけ。



結果、びっくりする程きれいになったわ!
特に水回り!!



お風呂場なんか、
今まであんな汚いシャワールームでシャワー浴びてたのかと思うと
吐き気がしたと同時に、

あんなに汚い中で生活していた事を他人に知られてしまい、
とても恥ずかしかったです。



お願いしてない鏡とかまで拭いてもらっちゃって、
クリーナーさん、ありがたやー。



そして、子どもが2人いるだけで、
家の掃除までできないとか言い出す妻に、
クリーナーまで雇って頂き、
懐の広い夫にも、ありがたやー。



でもね、私達がいない間に、
あなたがもっと家をきれいに保ってくれてれば、
私だって頑張れたのよ。




◎  キュンキュン語録 

最近、キュンキュンする事を言ってくれるイチロー。



私が車を駐車場に停める時、
でかいくせに狭い、ただ駐車しにくいだけの車の文句をいつも言っているもんで、

最近は車を停めるタイミングになると、イチローが


お母さん、この車嫌いだもんね。
狭いし、面倒くさいから。
イチローくんが、新しい車買って上げるからね
待っててね。



と言ってくれる。



なんていい子なんでしょーーー♡

と思う一方で、
言葉遣い、言い回しは本当に気をつけないとなと思っています。
ごめんなさい。



そして、こないだ新しい靴をおろした時、


お母さん、そのくつ、かっこいいね♡


と、褒めてくれた息子。


母さん、デレデレですよ。



これこれ、この靴👞
日本で買ったお気に入りです。




息子の言ってくれる事が本当に嬉しかったり、面白かったり、
キュンキュンしたり、
小さい彼氏ってこういう事かな?



そんなイチローもこないだデートをしましたよ。



小さい頃から仲良くしている女の子のお友達と
久しぶりに再開。



2人とも2才半を過ぎて、
2人が言葉でコミュニケーションをとってるのをみて
母たちは感動でした。



そして、どちらからともなく手をつないでる姿を見て
なんとも言えない気持ちに。



そして、可愛い女の子にテンション上がってか、
息子がグイグイしつこく遊ぼ遊ぼ言ってる姿を見て、
嫌がってるんだから、やめとけよー・・・・と、
母親ながらも、しつけー男だな←と微妙な気持ちになりました(笑



ほんと、可愛いなぁ。




◎  幸せなひと時 

子供が寝てる時が一番幸せ
とはよく言ったもんだ。



2人寝てる時こそ自分のことしたいけど、
寝てる姿も見ていたくて、離れることもできない。






寝てても親を幸せな気持ちにしてくれるなんて、
子供ってすごいね。



この後、カメラの音でジロー起きちゃったけど(笑)


◎  イチロー、2才7ヶ月の記録 

先月、成長記録を書いていませんでした・・・



今、ジローを育てていく中で、
参考にしているのはイチローの成長記録。



この頃の私はなんでもっと詳しく書いておかなかったんだ
と、自分を叱る事が多いので、
できるだけ詳しくイチローの記録を残しておかなくては。

とは言え、パソコンに向かう時間を作るのは簡単ではない。。。



こちらに戻ってきてからの検診で、
ちょっと太り過ぎだから、ご飯の分量を少し減らして、
牛乳はホールじゃなくて、セミスキムにするようにと指導
6ヶ月後に再検診だそうです。
ワタシ的には、デブというよりも、チビだからだと思うんだけどなぁ。
あまり気にしていません。


保育園、毎日泣きながら行ってます。
まだ、イチローの口から英単語が出てくる事はない。


まだ英語がわからないので、
人に「ハロー」とか「グッドモーニング」とか言われても
華麗にシカトで、母とても恥ずかしい・・・


先日、4日間39度台の熱が続いた。
ただ、本人は咳はするものの、至って元気だった。


好き嫌いというか、
自分の食べたくないものは
「これは食べられなーい」とか言ってよけるようになり
私をむかつかせる。


空気が読めない←ので、今って時じゃない時におちゃらけて
私を苛立たせる


とにかく、やだー、だめーのオンパレードで
私をイラつかせる


トイレトレーニングは全然進まず。
ワタシ的にはそろそろ始めなきゃいけないのかな?と無意味な焦り。
トイレにつれていけばおしっこはするけど、自分から行くとは言ってくれない。
うんちはトイレでするのは嫌みたいで、必ずおむつでする。
「うんちした!おむつで」と元気に言われると、
「次はトイレでしよーねって言ったでしょーーー!!!」ってなる。


弟が大好きで、お昼寝とかも隣で寝たいと本気で泣く。


ジローがおっぱい飲んでるのが羨ましいのか、
イチローもおっぱい飲むと言って、飲む真似をする。
寂しい思いさせてるんじゃないかと、切なくなる。


すぐ大人の喋ってる事コピーしちゃう。
喋り方も私と同じで、怒り方も私と同じ。
「だめでしょー!」って怒ってる姿を見ると、自分を見ているようで
反省します。


寝かしつけはサムライ氏にお願いしている。


寝ながらのイヤイヤもすごい。
夜中にキーキー言われると、まじこいつうるせーとベッドから落としたくなる。
せめて私にくっついて寝るのをやめてほしい。


お鼻チーンがようやくできるようになった




日々、鬼婆のように怒っている私です。
本当に怒りまくって、イチローも度々泣き叫んで、
それでも「おかーさん♡」と抱きついてきてくれたり、
私に微笑みかけてくれると、
2才児に本気で怒ってしまう器の小さい自分が情けなくなります。



イチローは行きたくもない保育園に行って、毎日頑張ってるのに、
なぜ私はたった少しの時間も
心を広く受け止めて、イチローを受け止めてあげられないんだと
自己嫌悪の日々です。



ただね、難しいっす、正直。
私のように、柔軟性のない性格の人間には、
赤ちゃん抱えながら、2才児の意味不明な行動に付き合うのは
至難の技です。



小さい子ども何人も抱えながら、保育園にも行かせず、
家で一人で見てるママさんたちを
本当に心から尊敬しています。



今の願望はとにかく、とにかく、
夜中のキーキーが早く終わってほしいです。



2才も半分も過ぎ、なかなか手ごわいなと
日々思っています。



でも、大好き♡






◎  残念な話たち 

こちらに戻ってきて1ヶ月が経ちました。



日々「あぁ、これこれ」という残念な感覚を取り戻して過ごして行く中でも、
この1ヶ月で特に残念な出来事を記録しておきます。



部屋の窓が開かない件
2部屋あるうちの1部屋の窓の鍵が壊れ、窓が開かない状況になっています。
部屋の換気ができないから、お部屋自体がとても嫌な感じになってる。
帰ってきたその日から、直してくれってお願いしているのに、
1ヶ月たっても、いつ修理に来てくれるのかすら決まっていません。



同じタイミングで2つの事をお願いすると、
大抵の確率で片方しか聞いてもらえないよねという件

GP(病院)の予約がネットから取れるようになったから、
息子2人の分のアクセスを送ってくれとお願いした所、
やはり片方の分しか来ず、
2人分揃えるのに、死ぬほどの電話を繰り返しても誰も電話に出てくれないから、
1週おきに3回も催促に行って、ようやく送ってもらえました。

そもそも、外国人は高いNHS代払わされてるのに、
病院が電話に誰も出ないってどういう事?
こういう事があると、息子たちが病気になっても
医者に電話もつながらないような国にいる事がとても不安になる。



駐車場が乗っ取られている件
うちの2台分の駐車スペースのうち、1台分が隣の家に乗っ取られている。
隣は3台分のスペースを確保し、悠々と車2台を止めている。
邪魔な時は言って。すぐどけるから。
いやいやいや、普通に考えて、なぜ人の家の駐車スペースを勝手に使う?
私達がいないすきに、
気の弱いサムライ氏がノーと言えず、こうなってしまいました。
まじ典型的な日本人、だめ夫。ノー言えし。おかしいだろ。



ベッドが朝の6時半から配達された件
これ、極めつけ。
最近ベッドのフレームを購入したのだけれども、
何の事前連絡もなしに、急に朝の6時半にインターホンがなり
「ベッドのデリバリーです」と来た。
さすがにそこそこ海外生活の長い私も、これには驚きました。

6時半よ?6時半。
息子たちが明け方泣きまくって、ようやく鎮圧して寝てくれたと思ったら、
今度はインターフォンが鳴り響き、
朝っぱらからベッドが搬入され、
しかも、組み立てるから息子たち起こして別の部屋行ってろって。

もうイギリスから本格撤収しようと思った朝でした。



こんな感じで、再び残念な国での生活
スタートさせています。



◎  睡眠 

イチローがイヤイヤ期に入ってから、
なかなか夜中ジッと寝て来れない。



夢の中でもイヤイヤしてるから、
起きててもうるさいのに、
寝ててもうるさい。。。←



そして、イヤイヤして起きちゃうと、
必ず自分のベッドから這い出て
私たちのベッドに来て
これでもかってくらい私に密着してくる。



ただ寝てくれればまだいいのに、
寝相が悪いからガシガシ蹴られる。



いや、本当きれそうなんですよ、
これが毎日だから。



朝になると、
まず寝不足。そして異常に身体が疲れています。



右に息子、左に息子。
私のスペース、本当狭い。。。
※ジローは5時ごろ起きてしまうので、そしたら私の隣に連れて来ます。




息子たちに挟まれて寝ることは
幸せなことなのかもしれないけど、
やっぱり睡眠は1人でしたいです。
本当に寝不足。



2人とも、早く1人で眠れるようになってね。




◎  スクーターデビュー! 

日本の公園は、ストライダーをやる子どもたちでいっぱいですが、
こちらは俄然、スクーター(キックボード)ですよね。



日本の子どもたちが、当たり前のように自転車の練習をするのと同じように、
こちらの子どもたちは、当たり前のようにスクーターを乗り回し、
スクーターで学校や幼稚園に行ったりします。



道を歩いていても、親と歩いている子どもたちが
スクーターでビューンと行っている風景をよく見ます。
そして、危ない。



が、郷に行っては郷に従えで、
我が家もイチローに購入。



ストライダーはどんくさい彼にはちょっと難しく、
未だにそこまで上達しないので、
これならばという期待を込めて。



本当にみんな乗っているので、
これが自分のだと分かったイチローは
目をとてもキラキラ輝かせていました。



そして、早速公園でレッスン。
20180603_01.jpg

20180603_02.jpg

20180603_03.jpg



ちょっと上手っぽいでしょ。



でもね、写真だからです。



実際はこの後、ちょっと坂になっている所で
スクーターに置いていかれてしまい、
待ってよ〜〜と泣きながら追いかけていましたwww
DSCF8140.jpg



私も爆笑。
周りの人たちも笑っていました。



そこからは
これ、勝手に行っちゃうから、
お母さんが持ってて


と、私がスクーターを持って歩く羽目に。。。



本当、どんくさいイチロー。



いつか上手になるといいね。


◎  寝る時間 

ねんねトレーニングのお陰で、
ジローはお布団に置けば5分もしないで寝てくれる子になりました。



ふにゃふにゃ言って、キョロキョロして、コテンと寝る。
次男、可愛さ極まりないっす。



そして、その可愛い次男の寝顔を見届けた後、
こっちは寝るのにちょっと手がかかる、
未だイヤイヤ期真っ盛りの長男の様子をリビングに見に行くと
サムライ氏と二人で窓辺に座っていました。
20180602_01.jpg




何してんの。
もう寝る時間でしょ。




そう言うと、

おそらを見てるんだよ

と。



あぁ、こっちもかわゆす♡



うちは未だにイチローも19時寝です。
イギリスの19時は昼間のようにこんなに明るいけど、
眠ってくれる息子たちに感謝です。
20180602_02.jpg




back to TOP