FC2ブログ

Precious Diary

I am 昔は主人より男前!現在情緒不安定!!只今イギリスにて手探り2人育児中!!!

◎  息子が可愛すぎる件 

ママ・ママと呼ばれても、
しつこく自分の事を『おかあさん』と呼んでいる甲斐あってか、
息子が2日前ほど前から、
私の事をたまに『おかあしゃん』と呼んでくれるようになった。



とーーーーっても嬉しい。



最近、息子の成長が著しすぎて、
その成長が垣間見える度に可愛くて可愛くてしょうがないです。



息子って、こんなにも可愛いものなのかねって、
声を大にして言いたいね。



可愛い時はずーーーっとイチャイチャしていたいもんね。



サムライ氏とこの成長を一緒に見れないのが残念。



やっぱり子供がいかに可愛いかってのを話せるのは
同じ親である夫のみ。



只今サムライ氏帰国中。
今年の誕生日は家族3人で温泉に行く予定です。



イチローの可愛い部分、
たくさんサムライ氏にも見てもらいたいなと思います。



得意の悪い顔して悪さする息子。



スポンサーサイト



◎  第二子について 

なかなか第二子妊娠記録を残すことができていない事に気づきました。
アッという間に、もう来週で9ヶ月になります。



イチローを身ごもった時は、1日1日アプリを確認して
『今日で何週何日。あと何日で出産だ♡』
とかやっていたのに、

今回は『早く産みたいー。楽になりたいー。』とは日々思っているけど、
毎日のイチローのお世話と、
慣れない日本の生活に追われテンテコマイなので
今が何週とか全然感知しておらず、
体重すら測ることもなく、
前回妊娠時とは偉い違いです。



これがきっと第二子あるあるでしょうね。
イチロー妊娠の時の色々頑張った日々が懐かしい。



また男の子だという事が分かってから、
お腹の子に対するアテンションはかなり低く←
未だにこれと言った名前の候補もない状態で


こりゃさすがにいかん。
もっとテンション上げねば。



と思い、
せめて名前のアイデアの助けになればと
4Dエコーを撮りに行ったりもしてみました。



が!



びっくりするくらい、お腹の子はイチローと同じ顔をしていたので、
名前のアイデアが浮かぶ事もなく、
むしろお腹の子も『イチロー』じゃん
って思って終わった、4D代7000円でしたw



それでも、イチローが毎日姪っ子たちと楽しそうに遊ぶ姿を見ているので、
最近は第二子の誕生が、それはもう楽しみで仕方ありません。



やっぱり兄弟は多いほうがいいな。
そう感じる日々を送っています。



なので、今回は是が非でもVBACを成功させ、
第三子、もしかしたら第四子と繋げていきたいという気持ちが
どんどん強まっています。

(今回も帝王切開になってしまったら、次はもう確実に帝王切開だし、
期間も今回より更に開けなきゃいけなくなる)



なのに、腹の子、


今、逆子



1人目が帝王切開だと、
無理できないから、このまま逆子だったらまた帝王切開だなー




と担当医に言われています。



母さん、焦っています。



イチローの時は1度だけ逆子って言われたけど、
30週には頭を下にしてくれた。



どーーかお腹の子も
グルンと大回転、お願いします!!!



取り敢えず、体の冷えを改善するために、
はり灸院に通い、お灸を始めてみました。



逆子体操も頑張ろう。



まだもう少し時間はある。



そんな感じの第二子記録でした。

とにかく、イチローの時よりお腹が全然大きいので
動きづらくてしんどいです(T_T)



◎  無い物ねだり 

英語の言い回しで、
the glass is half full/ half empty
というフレーズがあります。



例えば、半分水が入ったグラスがあった場合、
グラスに半分水が入っている
と捉えるか、
グラスに半分しか水が入っていない
と捉えるか、

物事をポジティブに捉えるか(前述)、ネガティブに捉えるか(後述)という
言い回し。



私は最近、
年々自分がハーフエンプティの人になっている気がする。



何をしても自分の今の状況に満足いかず、
常に何かを欲している。



グラスに水が半分も入っているのに、
いつも『半分しか入っていない!』と騒ぎまわっている気がする。



常に無い物ねだり。



ついこの前までは日本に完全に帰国したい。
日本で育児したいって思ってたのに、
いざこうして帰ってきてみると、
日本なりの生活のしにくさに、モヤモヤする毎日。



自分の家族と友達、全員連れてイギリスに住めたなら。

イギリスでも日本みたいに自由に病院に行けたなら。

イギリスの宅配サービスの質がもう少しでも向上したなら。

イギリスでも日本の食材がもっと簡単に手に入ったなら。



イギリスだったら。日本だったら。
それらの良い所だけを融合させた生活がしたい。



絶対に叶わぬ夢。
まさに無い物ねだりです。



いつか心安定して、優しい夫と、可愛い子どもたちと、
大きな不満なく生活を送れる日が来るのだろうか。



そんな日がきたら、
もっと優しい顔つきになるのかなぁ、私。


なんて事を考える、今日このごろです。




◎  イチロー23ヶ月の記録 

息子、1才11ヶ月になりました。



とても賑やかな環境で生活しているので、
朝起きた瞬間からイチローはとても楽しそう。



『ばあば、一緒ぃ行こ』『ママのブーブ、あったー』
みたいに、文章っぽく喋れるようになってきた。
多分、大人数で暮らしているから、言葉の発達が早い。
そして、1日中喋ってるからうるさい。。。


自分の名前を呼べるようになった。
そして、自分のじゃないオモチャでも、「イチローの!」「イチローのっしょ?」って
かなりジャイアン


うんちしたら「PooPooったー」って教えてくれる。
おしっこする時はオムツ叩いて「パンパンッ!」ていう
パンパンじゃないのに、パンパンって言うから若干ややこしいw


自分より弱い相手には、すごい意地悪。
オモチャも横取りするし、ジャングルジムから押したりするから
目が離せない


甘えん坊でヤキモチも激しい。
弟が出てきたら、どうなっちゃうのか心配。


とにかくママLOVE。
私から全く離れない姿を見て、児童館にいる他のママ達に微笑まれる事も。


両手で私の頬を挟んで私を見つめ「マーマ♡」とか言う。
やば可愛い


好き嫌いが激しくなってきた。
これまで食べてたモノも食べなくなったし、自分で食べるのも嫌がる。
ママがやれ状態だったり、自分でやりたがったり、
とにかく食事の時間、嫌い。


歯磨き、下の歯から始めると嫌がらない傾向にある


妹の戦車自転車に乗るのが大好き。(前かご)


一緒に住んでる誰よりも、義弟が好きw
なぜだか不明


集中して歩かなくなった。
すぐ何かに気を取られるか、すぐバギーに乗りたがる。


お昼寝をしなくても夜まで起きていられる事が判明
体力ついたなぁ
基本的には14時までには昼寝は切り上げる最近




こんな感じでしょうか。



とにかく、言葉の発達がすごいなぁと感じる最近。
めちゃめちゃ可愛いこの時期を、サムライ氏が近くで見れないのが
本当可哀想。



そしてワンオペ育児なので、私にも疲れは出てきました。



家族もお願いすれば息子の事みてはくれるけど、
やはり私と同じ責任感ではみてくれないので
旦那という存在は大事なんだと、しみじみ思うようになった最近です。



毎日やる事も特になく、
日中は児童館まわったり、イケてない公園に行ったり、
とにかく時間を持て余している状態。



イチローが日に日に私にベッタリなので、
若干またストレス気味の毎日です。




◎  選択肢がもてない環境 

日本に帰ってきて、アッと言う間に1ヶ月が過ぎました。



私のお腹はどんどん大きくなり動きづらくなり、
イチローはどんどん甘えん坊になっていき、
保育園にも入れないので基本的には毎日一緒。



日々「今日は何をして過ごそう」と模索する毎日がしんどくもあります。



でも、この国は働いていないと認可保育園に入れられないという
決まりがあるようなので、
3才になって幼稚園生に入れるまで、
こんな風に過ごしているお母さんが日本には沢山いると思うと、
本当すごいなと思う。



私は無理。
1度ナーサリーに入れて自分の時間を得るという経験もしてしまったし、
何より、ナーサリーでとても楽しそうに過ごし、
沢山の事を学習してくる息子を見てしまった以上、
やっぱり週の半分は保育園に行ってもらいたいなと思う。



でもね、それができない日本。



認可の保育園は働いていないと入れないし、
妊婦は産前産後の2ヶ月間だけは
働いてなくても認可保育園に預けられるようだけど、

産後2ヶ月したら自動的に退園しないといけないという
鬼のようなルールがあって、
全く現実的じゃない。



じゃぁ、認可外?
認可外の保育園は割高なお金を払う代わりに、
母親が働いていなくても預ける事ができる。



が。



ここが田舎なのも十分に関係してると思うけど、
認可外の保育園にも、空きがない。



そして、認可外の保育園は雑居ビルに入ってるような所が多く、
「ここに息子を預けたい!」と思える所はない。



どこでもいいから息子を預けたいわけではなく、
やっぱり親としては環境のいい保育園に行って欲しいんであって、
その選択肢が全くない、この地域。



都内ならきっとセレブな方々が行くような認可外の保育園があるのかもしれないけど、
郊外にそれを求めるのは無理なんでしょうね。



イギリスでは、義務教育が始まるまでの教育は
費用はすごいかかるけど、
自分でナーサリーを回って、
ここに子供を預けようって親が決められるのに対して
(人気校はやっぱり待つけれども)、

日本では、費用は安いのかもしれないけど、
空きがある所に入れないといけない。
自分に選択権はほとんどない。
入れればラッキー。空いてたらラッキー。



なんだかなって感じです。



子供が長い時間を過ごす場所を、自分で決めることができないというのは
とてももどかしいです。



じゃぁ、自分で見てればいいだけなんだけど、
それもそれでね、ふんぎりつかず。



素敵な認可外保育園がもっと増えればいいのに。



ロンドンくらい保育料取れば、保育園の質も、
先生たちの収入も上がって、お互いウィンウィンだと思うのに。



なぜ日本の保育園はあそこまで安くないといけないんだろう。



と、選挙カーで走り回ってる議員さんに
質問してみたいなと思いながら
本日はおしまいにします(笑


◎  束縛息子 

やれ風邪だと耳鼻科行ったり、
やれ注射だと小児科行ったり、
やれ結膜炎かと眼科に行ったり、
病院三昧中の息子。



何度も言うけど、
好き勝手すぐ病院に行けるこの環境、
まじで素晴らしいです。



そんな息子、最近テレビの時間になると
母さんがどこかに行ってしまうと学習したようで
私を拘束しながら見るように。





可愛いんだけれども、
テレビ見る20分程度の時間に、母はやらなきゃいけない事が盛り沢山なのですょヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3



まだまだ日に日に甘えん坊度が上がっていきます。
弟生まれて来るまでに、どこまで甘えん坊になるのだろう。





◎  おもちゃ戦争 

イチローさん、おもちゃをシェアできないフェーズに突入しました。
これも成長の証。



先日、友達の子と遊んでいた時、急におもちゃの取り合い勃発。




自分が先に遊んでいたオモチャなので、頑なに譲らない息子。




真顔で振り切る。




勝者、イチロー。








男の子って本当車好き。

他にも沢山車のオモチャあったのに、急にこのオモチャを取り合いだした
ブーブ大好き世代の2人なのでした。



友達の子だから笑って見てられたけど、
これが他人の子だったらいちいち面倒くさいなぁと。



そして、日本帰ってきてから思っているのは、
日本のママたち、子供が遊んでる時もベッタリ張り付いててすごいなと。



私は自分が億劫なのもあって、
子供が遊んでいる時は、すっかりイギリスの見守る方式だけど、
日本の遊び場や児童館には、親が座る用の椅子もなくて
あぁ、親は子供にベッタリくっついてるのが当たり前なんだなと、
妊婦の私にはちょっとキツイ環境だなと思っている最近です。



◎  初めての副鼻腔炎 

2週間ほど前に結構な風邪を引き、
病院へ行くわけでもなく、いつまでも鼻声生活を送っていた。



そしたら先週、少しづつ歯に違和感を感じ、そのうち激痛になり、
顔面の骨も痛くなり、何より物凄い頭痛に襲われ、



私、もう死ぬのかもしれない
と思った←大げさ?でも本当に。



これは全て歯から来てるに違いない思い、歯医者に行くも、
虫歯でもないし、原因不明。妊婦だから薬も出せない。といわれ、絶望。



ネットで自分の症状を調べてみたら、
副鼻腔炎の症状と合致していたので、急いで耳鼻科へ。



まさに、副鼻腔炎、通称『蓄膿症』でした。



蓄膿症って、聞いたことはあったけど、
いまいちどんな病気なのか知らなかったんだけど、
なんて痛いの!!!



顔面痛いしし、歯痛いし、
頭痛すぎるし、
かがんだりしようとすると顔が破裂するんじゃないかってくらい
パンパンになっちゃって痛いし、
横になっても更に痛いし、
こんなに辛い病だったのか、蓄膿症よ。



両鼻に管つっこまれて、膿をとってもらったんだけど、
それもまた痛いの何のって・・・



本当、何もかもが辛い経験だったけど、
1つだけ良かったなと思えたのが、
ここが日本で良かったという事。



イギリスでこんな激痛に襲われて、
GPの予約から始めなきゃいけなかったらって思うとゾッとしました。



自分の判断で歯医者行けたり、耳鼻科行けたりする事に
とても幸せを感じたのでした。



まだ頭痛と顔面痛はあるけれど、
薬を処方してもらえたので大分楽になりました。



妊娠しているので最初は薬に抵抗はあったけれども、
そんな事言ってられないくらい辛かったので、
今は薬を飲むことに罪悪感は感じません。



一応、妊婦でも飲める薬をして、病院から処方されたのは以下の通り。
※これらは取り敢えず安全らしい。参考までに。

パセトシン(ペニシリン系抗生物質)
ムコソルバン(膿を出しやすくする薬)
カロナール(アセトアミノフェン系鎮痛剤)




病院で薬を処方されるまでは、
自分の判断でパラセタモール(アセトアミノフェン系鎮痛剤)服用。(これだけ持って帰ってきた)



日本のカロナールが1錠200mgのところ、
イギリスパラセタモールは1錠が500mgでした。強・・・




何かあった時の神頼み『パラセタモール』
私もなかなかイギリス人化してきました。



早く良くなりますように。





back to TOP