FC2ブログ

Precious Diary

I am 昔は主人より男前!現在情緒不安定!!只今イギリスにて手探り2人育児中!!!

◎  心の余裕(長文) 

全然慣れなかった慣らし保育も終わり、
イチロー、今日から正式にナーサリー(保育園)デビューしました。


なぜ私が働いているわけでもないのに、
ナーサリーに入れたのか。


英語の環境に慣れさせたかったから?
集団生活に慣れて貰いたかったから?


いやいや、それは建前で。


それらの要因もすこ~し程度はあるけど、そんなの私と一緒にいてもできるわけで、
一番大きな理由は


私にゆとりが欲しかったから。


イチローを産んでからというもの、
特にこの国にいる時、私は全くといっていい程
心に余裕がない。


家族が側にいるわけでもなく、
分かち合えている友達が側にいるわけでもなく、
朝起きた瞬間からイチローと二人きりというのは
とても孤独だ。


そんなの皆同じだよ。私だけじゃない。って思っても、
日本で家族や友達に囲まれていた4か月間が幸せすぎて、
イギリスに戻ってきてから、ずーっとホームシック、
というか、育児ノイローゼ気味。


イチローはとても可愛いくて愛おしいんだけど、
何せ家にいると私から離れない。


ずーっとベッタリ。トイレも一緒。
いつも半径1メートルにはいる。


そして、最近芽生えてきた自我がまた強烈で、
気の強い私にソックリで、それもまたグッタリ。


それを受け止めるのが母親だ。
こんな時期は今だけだ。

ってのは分かってるんだけど、
自分の時間が全くないというのは想像以上にストレスですね。


暇なのに、忙しい。みたいな。


そんな時に会いに行ける家族がいないというのも辛い。
(今更ながら)


そうなると、私の場合、
私の全ストレスが全~~~~部サムライ氏に爆発してしまう。


イギリスに戻ってきてから、ずっと夫婦崩壊の危機でした。


2人目に向けて頑張ろうって言った舌の根も乾かないうちに、
もう離婚したい騒動にまでなり、
悩みすぎて、また膀胱炎になり、白髪まで発見し、
そして原因不明の嘔吐に襲われました。


自分が慢性ストレスを抱えているのも勿論いやなんだけど、
何より嫌なのが、
あんなにも優しい夫に対して、
そこまでできるかってくらい、自分が酷い態度をとってしまうという事。


理不尽に自分がストレスをぶつけられてるだけなのに、
それでも「ありがとうね」「たくさんストレスかけてごめんね」と
私に常に寄り添ってくれるサムライ氏に
優しさを返してあげられない自分が辛い。


だから。


だから、自分にゆとりをもたせるため、
家庭円満に過ごせるようになるため、
働いてもいないのに高い金払ってイチローをナーサリーに入れたのです。


私から引き離されて、先生に抱っこされる時、
息子はこの世の終わりかってくらい泣く。


その度わたしは辛いけれども、
そんなに息子を泣かせてでも、やはり私には余裕が必要だと思うから、
イチローよ、頑張ってくれ。


取りあえず、今日は初日。


初日くらいは少しユックリしようと思っていたのに、
家に帰ってくると、洗濯始めてしまったり、洗い物しまってしまったり、
すぐに家の事をしようとするので、
そんな自分を止めて、まずはコーヒーでも飲んで一息ついて
今の気持ちをブログに綴ってみました。


1週間は7日間。
そのうち2日間は家族の日。
そのうち2日間は自分の日。
残りの3日間はイチローと楽しく過ごす日。


自分への罪悪感を少しでも減らせるように、イチローのナーサリーは週2です。


こうして贅沢な時間配分を提供してくれるサムライ氏に
私は心から感謝すべきであって、
たまに鬼のようになってしまう自分を排除できたらなと思います。


長くなりました。



保育園から帰ってくると、私の胸元からしばらく動かない息子。
20170303_01.jpg



スポンサーサイト



◎  敵はランダバウトにあり 

車ネタ続きますが。


イギリスは日本と交通ルールはほとんど同じなので、
特に違和感もなく運転できるんだけど、
私の中でもの凄い違和感を発しているものがあります。


それがこれね。
ランダバウト。(ラウンドアバウト)





交差点の真ん中に○があって、
その周りをクルクル回って、右折なり左折なり直進なりする
私的にはかなり厄介な敵。




日本でもこのランダバウトの設置が始まってるらしいんだけど、
まだ日本ではお目にしたことはない。



交通量のある道だと、このランダバウトがあるだけで、
私は結構テンパッてしまうので、
また車の教官にお願いし、レッスンを受けてきました。


私の引っ越した先はランダバウトが特に多い地域らしく、
鬼のようにクルクル回る練習をしたけど、
やっぱりまだまだ苦手です。



このランダバウト、事故率を下げるために外国では普及してるらしいんだけど、
本当かよって感じ。


私はレッスン中、2度もこのランダバウトで事故りそうになりましたよ。


今日もイチローの保育園の送り途中、
何番目の出口で出ればいいのか分からなくなって、
そのまま1週回ったし。。。


早く慣れたいものです。
慣れないとどこへも行けない。


でもこれ、イギリス人も最初の頃はやっぱり苦手だって
教官が言っていました。

小さいころから見てきたランダバウトも、
やっぱり自分がいざ運転するとなると怖いのは皆一緒なんですね。



でね、このランダバウトがお祭りをしている道に
週末出会ってしまったのですよ。



普通、ランダバウトが続いていると、
こんな感じで道路標識がでてるんだけれども。。。
fc2blog_20170302221208692.jpg



週末通った道は・・・



20170228_01.jpg



何のおまじない?!



どんだけランダバウト祭り?
まじ笑った。



複雑すぎて絶対事故るでしょ。



駐車はできない夫だけど、
ランダバウトには慣れている(らしい)ので、
ここは取りあえずはクリアしたんだけど、
これが私だったらと思うと・・・



きっとテンぱって、泣いて、多分結局行かない。笑



いや、これ絶対おかしい。
これで事故率下がるとか、私は信じません!←笑





back to TOP