FC2ブログ

Precious Diary

I am 昔は主人より男前!現在情緒不安定!!只今イギリスにて手探り2人育児中!!!

◎  2015年総括 

今年の始めに二度とロンドンで年は越さない!って決めたのに、
早速今年もここで年越しです。。。


ま、今年はしょうがないですよね。
来年からは絶対日本で年越すんだ。


さて、私の2015年。


----------------
1月、オーロラを見にフィンランドへ。
2月、ベニスで食中毒にかかる。その後日本に行って、ハワイでバカンス。
3月、妊娠発覚!
4月、つわりに苦しむ。
5月、のんびりしにニースへ行く。
6月、日本に長期滞在。
7月、ロンドンに戻ってくる。
8月、サントリーニ島でバカンス&ツェルマットへ美味しい空気を吸いに行く。
9月、また日本へ。そして、パリも。
10月、サムライ氏とデートしまくる。
11月、出産。愛息子と出会う。
12月、産後ブルーで泣きまくりながらも、夫に支えてもらいながら育児生活。
----------------


1年のほとんどが妊婦だったのに、
あちこち移動しまくった1年でした。


毎年1年ってアッと言う間だねとか言ってるけど、
今年に限っては1年が3年分くらいあった気がします。


ながーーーーかった。
妊娠していたせいかしら?
フィンランドやハワイに行ったのなんて、はるか昔の事に思えます。


今年はサムライ氏の転職もあり、
イギリスに正式に移住という形になり、
イチローという家族も1人増え、
私たちの生活が一変した年でした。


そして、今までの人生でこんなにも喜怒哀楽が激しかった1年もないと思う。


とりわけ、私って幸せだなって、
こんなにも強く思った事も今までにないと思う。


今年は私にとって特別な1年でした。


来年も家族全員が健康に、幸せに過ごせる年になりますように。


今年も応援してくださった皆様、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。


良いお年をお迎えください♡



スポンサーサイト



◎  初めての注射 

生後7週目、もう初めての注射です。


BCG


日本ではもっと遅くに打つみたいだから、
早すぎるんじゃないかとも思ったけど、郷に入っては郷に従えという事で。


こんなに小さい子に注射打つのが本当に可愛そうで、
100日咳のワクチンみたいに、
妊娠してる時に母体が接種を受ければ、
赤ちゃんにも回る仕組みになってくれればいいのにと
ブツブツ文句を言いながら行ってきました。


私の2倍くらいあるんじゃないかという、
でっかい黒人の何喋ってるか分からないオバサンに、
グサッとされましたよ。
※こっちはハンコ注射じゃなくて、1本針。


イチローさん、もちろん泣きました。
私も陰で涙ポロリ


動かないように、サムライ氏がイチローの腕を持っててくれた。
私だったら可愛そうでできなかったかも。


注射が終わり、おっぱいあげて、ちょっと落ち着いた息子。


あー、こんなにふてぶてしくなっちゃって。
痛かったね。よく頑張ったね~



と私が言うと、


この子はもともとフテブテしいよ


とサムライ氏。


20151229_bcg.jpg



そうなんだよね。

何となくそうかなとは思ってたんだけど、
うちの子とってもフテブテしいのよね。


でっかいから貫禄もあるし、
いっつも眉間にしわ寄せて、難しい顔してる。


今からそんなに難しい顔してるんじゃ、将来大変だぞ。


次はまた2週間後に注射です。。。
嫌だな。



◎  ギャン泣き対策 

ギャン泣きが続くと、それを鎮静化させるアイテムが欲しくなります。


その1として導入したのがおしゃぶり


おしゃぶりを使うのは賛否両論あるようだけど、
最後の砦として持って置くことにしました。


そしてある日のギャン泣き3時間コースの際、
「よし!おしゃぶりを試してみよう」と投入した結果、1分くらいで・・・・


ペッ!!!!!


拒否!!!


どれだけ抱っこして泣き止まなくても、
最終的におしゃぶりさえしゃぶらせれば、きっと泣き止んでくれるはず
と、
満を持しての投入だったので、サムライ氏も私もガッカリでした(笑


今もたまに使うけど、すぐペッ!笑
20151229_02.jpg



そして、ギャン泣き対策の根本として、
ベビーベッドが広すぎて、寝心地が良くないんじゃないかと投入したのがこちら。


スリーピーヘッド。(日本語では何というの?)
20151229_01.jpg


たまたま10%ディスカウントのメールが届いたので、イチロー氏の安眠の為に購入。


赤ちゃんはやっぱり何かにぶつかるくらい狭い所が好きなようで、
このボートのようなスリーピーヘッドを投入してから、
確実にイチローの安眠率が上がりました。


私はすごいすごい嬉しくて、
小さな投資で大きなリターンを得た気分です。


これからも母は、イチローさんの安眠を求めて
ひた走ります(笑

◎  優先順位 

サムライ氏が3週間の休暇を取ってくれたので、
しばらくは2人で育児ができて、私の情緒も安定気味です


ベビーカーが届いてからは、ベビーカーで朝散歩するようになったんだけど、
エレベーターが壊れてるお陰で、
イチロー氏は私が抱っこして、ベビーカーはサムライ氏が持って、
階段で移動するという、何とも面倒くさい事をしてるわけなんですが。


今日はお散歩から帰ってくる間に、
イチローさんが「腹減った!」とギャン泣きになってしまったんです。


かなり長いこと泣かせてしまったので、
家のエントランスに着いた頃には、母、気が気じゃなかった。


で、エントランスでイチローを抱っこして、
一人でサクサクと階段登って家に帰ったの。


手洗って、うがいして、
イチローのオムツ変えてってしてる時、
携帯鳴ってたんだけど、そんなのかまってる場合じゃない!って思い、
シカト。


さぁ、おっぱいって思った瞬間・・・・


あれ?夫はどこ?


そういえばさっき携帯鳴ってたなと思い見てみると


開けて下さい
とメッセージ。





うち、オートロックなんだけど、
私が鍵持って、サクサクと一人で上がってきてしまったものだから、
サムライ氏はエントランスでベビーカーと一緒に
取り残されてしまったのだ!!!!


なんと!と思い、すぐに鍵を開けて上げました。


サムライ氏、家に帰ってくると


俺なんてね。所詮優先順位は下の方ですよね。
イチローだけ抱っこして、さっさと上がって行っちゃってね。



と拗ねていました(笑


ごめんよ、夫。
私、おっぱい上げながら爆笑。


しょうがないよ。
何より泣きじゃくって、おっぱいをくれって言ってる息子のが大事さ。


母になると、優先順位が変わりますよね。


笑えた事件でした。



◎  外国の薬 

産後、体の調子が常に悪い。


体調が悪いというより、腰が痛いおまたが痛いなど、
の調子が悪い。


イギリスでは、体の不調を医者に訴えると、
だいたいの確率でパラセタモールを飲めと言われる。


帝王切開後、処方された薬の中にもパラセタモールが入っていた。


イギリス国民の常備薬がパラセタモールです。
何かあると、すぐパラセタモール。


ちなみに、オーストラリアに住んでいた時は、
何かというとパナドールを飲めと言われた。


パラセタモール=パナドール=アセトアミノフェン
解熱鎮痛薬です。


そこら中の薬局で買えます。


でも、せっかく医者にまで行って、
どこでも買える薬を飲めって言われるのはちょっと・・・
というのが、日本人的な私の意見。


でも、勿論パラセタモール以外の薬を処方される事もある。


今回処方された薬はこちら。
20151226_med01.jpg


1日1回1箱で3日分だからと言われ3箱貰い、
箱を開けたらこれが入ってた。


私には5錠入っているように見える。


でも、1日1箱と言われた。


じゃぁ、5錠いっぺんに使うのか・・・?
どうなのか・・・・?


結局また病院に戻り、本当に1日1箱なのか確認。
YESと言われたので、じゃぁ5錠なんだなと思い、
小さい○から開けて行ったら・・・・


小さい○は全部空で、中身が入っていたのは中央のデカ丸だけでした。


チーン。。。
よくある、よくある。


小さい○はただのクッションね。


なんでそういう作りにするのか分からないけど、
海外の薬のパッケージには
なんでそうなってるの?
ってのが多い気がする。


何かメリットがあってそうなってるんだとは思うけど、
効率悪いと思うんだよね。



◎  ベビーカーデビュー 

本日クリスマスデイ。
何度味わっても、クリスマスがこの静けさというのは違和感です。


街がシーーーンって感じ。人もいない。
20151225xmas01.jpg


バスも電車も、スーパーもお店も、どこもかしこも、
みーーんなお休み。


東京のクリスマスとは大違いです。


そんな日に、私たちはようやく届いたベビーカーでお散歩をしました。
※ベビーカー、結局配達に2か月ももかかりました。
ちなみに、マンションのエレベーターはまだ直りません(´Д⊂ヽ

20151225xmas03.jpg


カフェならやってるかね?とか言って、
いつも行くNeroまで歩いたものの、イタリア系カフェがやってるわけもなく、
通りで唯一通常営業していたスタバで一服。


イチローさん、乗り心地はどうですか?
と覗いてみると。


直立不動状態!
ちょっと怖いよ!
20151225xmas02.jpg


ここはどこ?
これは何?
状態でした。


無事にベビーカーデビューを終えたイチローさん、
家に帰ったら安心した様子で、
サムライ氏のお腹の上でお眠りになっていました。
20151225xmas04.jpg


平和なクリスマスでした。

◎  クリスマス♪ 

育児に追われ、家に籠ってばかりなので、
全然季節が分からなくなってましたが、
世間はもうクリスマスなのね。


私の中では、クリスマス感も年末感も今年は一切なしです。


とは言うものの、
今日はイチロー氏、サンタさんに変身。
※すぐ泣いちゃうので、良いショットがなかなか撮れない。。。
20151224_xmas04.jpg



年末のイベント、お父さんの会社訪問に行ってきました♡


子供、チョーいた!
20151224_xmas02.jpg


サンタさんもいた!
デカサンタ&ミニサンタ
20151224_xmas01.jpg


オラフもいた!!
20151224_xmas03.jpg



サムライ氏が転職してから初めての会社訪問だったので、
どんな所で働いているのか、どんな同僚がいるのか、
いつも話ばかりだったので実際に見れて良かったです。


うちのイチロー氏も可愛い可愛いと大人気だったので、
私もそうだろうよ、そうだろうよと鼻が高かったです(笑


雨の中、今日は3時間のお出かけ。
疲れちゃったのかイチロー氏はずーーーーっと寝てます。


こんなに今寝ちゃって、夜も寝てくれるのかしら。


メリークリスマス^^


◎  感謝の気持ち 

サムライ氏は生卵が嫌いだ。


イギリスは生卵を食べる文化にないので、
そうそう困る事はないんだけど、
ゆで卵にしろ、スクランブルエッグにしろ、固めじゃないと食べない。


目玉焼きは両面焼いてって言われたときは驚き、
両面焼く目玉焼きなんてやった事ないので、
片面焼きで文句があるなら自分でやれ
と言って以来、
目玉焼きは作らなくなった。


でも最近、感謝の気持ちを込めて、目玉焼きの両面焼きに挑戦した。


きたなっっっ。。。笑
20151222_thanks.jpg


目玉焼きの両面焼きというのは難しいという事が分かりました。


目玉焼きは、白い膜がはった半熟くらいが美味しいのにね。

◎  おやこ 

昨日の夜も3時間ギャン泣きコースでした。
それに加え、明け方3時ごろから猛烈に唸りだすイチローさん。


痰がからむのか、喉がいたいのか、
ゲップがしたいのか、おならがしたいのか、
とにかく唸りまくりの、いきみまくりの、バタバタしまくり。


私たちは物凄い寝不足ですよ。


そんな疲労困憊なサムライ氏、
イチローを抱き、ソファでウトウトしていたら、
抱かれてるイチローも同じポーズをしていました。


親子ですね。
20151220_oyako.jpg


本当に疲れてるけど、こういう事で癒されます。


◎  3歩進んで2歩下がる 

先週の土曜日&日曜日、
サムライ氏がいたお陰でとてもリラックスして過ごせたので、
もう産後どん底ブルーからは脱出だ!って思ったものの、
月曜日、火曜日と時間が過ぎて行くにつれ、
どんどんまたブルー方向に向かっていき、
水曜日にはどん底ブルーに着地、
金曜日には日中また私が大泣きしていました。


どうしても一人になると弱気になってしまうんですね。


意味不明なギャン泣きが始まると、
いつ泣き止んでくれるか分からないのがとても怖く感じてしまうんです。


今週は夜中のギャン泣き3時間コースが2日に1回は起きたので、
そんな日の朝は死んだ人みたいな顔になっています、私。


そして、午前中にもギャン泣きを起こされると、
私も泣かずにはいられない。


全然サムライ氏は悪くないのに、
またサムライ氏に憎しみが向いてしまう


サムライ氏と喋ると文句ばかりが出てきてしまいそうだった。


そんな自分が嫌で、週の後半はサムライ氏とも喋らず、
ただただイチロー氏のお付き合い。


しんどかった。


土曜日、サムライ氏に今週の自分の態度を謝り、
励ましてもらい、
自分の時間を頂き、
また少し復活。


大丈夫だよ。
子供なんて放っておいたって育つんだから。
そんなにこんつめて考えなくていいんだよ。



そう繰り返し言ってもらうと、とても落ち着きます。


気楽に気楽にって思っても、
知らず知らずのうちに「なんでだろ?」「どしてだろ?」って原因究明が始まり、
答えなんかないからそれで不安になってしまう。


3歩進んで2歩下がる状態の育児。
大変ですね。


またまた幸せな週末を過ごさせてもらったので、
それをバネに今週も頑張らないと。


カフェにて。
サムライ氏の膝で気持ちよさそうに眠る息子。
20151220_cafe.jpg


◎  パスポート写真 

もう日本帰りたい!

って思っても、パスポートがないと息子が飛行機に乗れないので、
イチローさんのパスポートの準備を始めました。


日本のパスポートは戸籍に反映されてからじゃないと作れないので、
取りあえず先にイギリスのパスポートから申請。


という事で、証明写真を撮って来ました。


本当は家で撮って印刷しようと思ってたんだけど、
赤ちゃんのパスポート用の写真撮影って、意外に難しく断念。


普通にお店に行って撮りましたよ。


が、当たり前だけど、
お店の人が可愛く撮ってあげようとか努力してくれるわけもなく、
こんな写真になってしまった・・・

20151216_ppphoto.jpg
※赤ちゃんは目つぶっててもいいみたいです。


顔、シカクッ!!!!
うちの子、もう少し可愛いんですけどーーーー・・・・笑


これで5年間です。


どんまい、イチロー氏。


今年中には申請できるといいな。



◎  おでかけ 

日本みたいに、
生後1ヶ月まではおうちにいるように
という風習はないイギリス。


ここの人たちは、昨日生まれたような子を連れて、
平気で外カフェとかしています。


とは言え、うちの子は日本人なので、
2ヶ月過ぎるまでは極端に長い外出は控えようと思っています。


まずは10時に近所のスタバに行くことから始めました。


行って帰って丁度10分。
お腹に入れて暖かくして行きます。



帰ってくると、もちろん寝てる。



家の中は暖かいのに、
このままお外行く服装のまま寝かせていいものかどうか。


こっちは家の中が暖かいので、
家で何着せておくか、
外行く時にはどれだけ着させるか、
悩みます。


◎  生後1か月 

イチローさん、この世に出てきてから1か月が経ちました。
泣き虫母さんに育てられながらも、スクスクと成長しています。


お祝いに頂いた、F&Mの高級テディベアと一緒に
20151213_1month.jpg


私とおそろいで、彼もエクボくんなのょ♡


体重は出生時3030gだったのが、一度も減る事なく現在4,400gほど。増えすぎです。。。
19時半ごろ就寝、7時ごろ起床
出過ぎる母乳を、いつもむせながら飲み、そして吐く
ゲップが下手
現在、絶好調新生児ニキビ中
明け方にいつも眠りが浅くなるみたいで、1時間弱ごとに起こされる
寝てるか泣いてるかで、機嫌よく起きてる時間がほとんどない
母さんがチンチンに不慣れすぎて、うんちを綺麗に拭いて上げられてない(ごめん!)
オムツ変える時、3回に1回はオシッコ発射
すごくよく唸っていて苦しそう


こんな感じでしょうか。


退院してから、会う人会う人に「黄疸だ」「黄疸だ」言われて、
すごい不安な日々を過ごしました。


本当に会う人全員に言われるから、
最後の方にはジョーンディス(黄疸)ジョが出るだけで
顔が嫌な顔になっていました。


UCLHの黄疸クリニックみたいな所にリファーされ、
血液検査も受けましたが、黄疸ではなかったようです。


この検査、小指くらいのボトル4本にかかとから血を取るんだけど、
こんな小さい子から、4本分も血抜くのも嫌だったのに、
先生がそのうちの1本こぼしやがってさ、
てめー、ばばぁ、殺すぞって思ったよね。。。


で、黄疸じゃないって黄疸の専門医が言ってるのに、
その後もミッドワイフ検診でまた病院行けって言われて、
行ったよって言ったら、
1週間たっても治らなかったら、今度は緊急病院行けって言われました。


専門医が血液検査まで黄疸じゃないって言ってるのに、
今度は緊急病院行けって、
じゃぁ、黄疸検査は何の為だよみたいな・・・


若干ウンザリ。


私の母乳過多のせいで、おっぱい飲んでる時間は短いし、
沢山吐いてしまうのが心配だけど、
問題ありませんように。


母乳、出ない人も辛いだろうけど、
出過ぎるのも辛いです。
すぐ岩になって痛いし、服がいつも濡れてる。。。


元気に2か月目を迎えられますように。

◎  産後1か月 

産後1か月経ちました。


退院してすぐから、せっせと動き回ってるので、
体の回復は大分遅いと思います。


お腹の傷、特に体の中の傷が
息子に蹴られ続けているので、とても痛いです(笑


産後すぐに得意の膀胱炎になり、また抗生物質生活を送ったりしました。


でも、そんな目に見えるものより、
目に見えない産後ブルーのが本当に辛かったです。


今までも書いたけど、本当荒れ狂っていた。
泣いたり、怒鳴ったり、暴力ふったり。←サムライ氏にね。子供にじゃないよ。


なんで子供なんて産んでしまったんだろう
とか、
もうこの子だけでいい(一人っ子でいいって意味ね)
とか、
時間が戻せるとしたら、子供なんていらない
とかとか、
やたらとダークな事ばかりが頭を占拠しだして、
そんな事を考えてしまう自分が嫌になってまた泣く。みたいな。


自分が待ち望んで、
ようやく出てきてくれた子供と会う事ができたのに、
まだ親になってたったの何日かなのに、
もう音を上げてる自分が信じられなかった。


でも、私のような人、大勢いた。


知恵袋なんかには、
私が投稿したのかなって思うようなスレッドがいくつも立ってたし、
それにコメントつけてる先輩ママのアドバイスにもすごい救われた。


あとは、くわばたおはらのクワバタさんのブログにも救われた。
≫育児に疲れたママ


他の先輩ママの育児ブログにも救われた。


あとは、ママ友とのLINEにも救われた。


とにかく、自分だけが甘ちゃんの異常者じゃないんだって思えたことが
本当に本当に救われた。


育児って「楽しい」「可愛い」だけじゃないんですね。
産んでみて初めて大変さを知りました。


最近は、日中は少しでもお散歩に出るようにしたり、
家に電話したり、友達に電話したり、
とにかく引きこもって、誰とも口をきかない状況を回避するように心がけています。


あと、イチローさんが寝た時は、E-girls踊ったり、
ストレッチしたりして適度に体を動かしたり。


なんとなく、どん底ブルーからは抜け出せた気がします。


一番はサムライ氏のサポート力のお陰です。
すぐに弱気になってしまう私を、いつも励ましてくれる。


感謝感謝です。


◎  幸せな土曜日 

日中一人でイチローのお世話をするようになって初めての土曜日。
母は不慣れな育児に疲労困憊です。


今日と明日はサムライ氏がいる。
それだけで張りつめていた気持ちが緩みます。


週末はサムライ氏の出番なので、
私は母乳オンリー営業。


読み損ねていた大好きなONE PIECEの新刊を読みながら、
大好きなお風呂に入りました。


1か月以上ぶりの湯船です。
幸せすぎて、1時間も入っていました(笑


そして、お昼寝までさせてもらいました。


私がリラックスしているからか、イチローさんも今日はとっても良い子でした。


夜、息子を寝かしつけてからリビングに戻ってくると
サムライ氏が張り切って何かを焼いていた。
20151213_cake02.jpg


なに?どしたの?

明日はイチローさんの出生1か月記念ですからね、
お祝いのケーキを焼いてるんですよ。



胸が温かくなった。


この人は優しい。
優しすぎて私には本当に勿体ない。


君はさ、もし私と別れるような事になったら、
絶対に次は気の弱い、女性らしい人と結婚しな。


何さ、急に。そんな日は来ないでしょ。笑



サムライ氏の優しさに触れる度に、いつも思ってるんですよ。
この人はなんでわざわざ私のような女と、また結婚したのだろうかと。


勿体ないな。
もっと良い人、この人ならいるだろうに。


出来上がったロールケーキはスカスカだけど、
愛情はたっぷり詰まっています。


明日、お祝いしようね。
20151213_cake01.jpg

◎  まいっかの心 

1日中息子の事をやっていると、本当に参ってくるので
パソコンも開くようにした最近。


神経質、完璧思考は自分の首をもっと絞めることになる。
イチローが産まれてから、そう自分に言い聞かせています。


小さなことは気にしない。
たいていの事は「まいっか」って考えると楽になるよ。

とサムライ氏に言われ、
その時は精神不安定マックスだったので、
そんな事できたら、とっくにそういう私になってるんだよ。
できないから苦しんでるんじゃん。

と、号泣でサムライ氏を非難しましたが、一応努力はしています。


先日、我が家のお米がなくなってきたので、
サムライ氏に帰りに買って来てくれとお願いをした。


お米を持って帰ってきてくれたサムライ氏。



買ってきたよ!
今回は日本の日本米にしたよ!


いつものと何が違うの?

いつものはアメリカかどっかの日本米でしょ?
でもこれ、○○県のお米!


なんで?私いつものでいいんだけど・・・

雅ちゃんがオムツ色んなの使って試してるの見て、
お米も色んなの試した方がいいかなって思って!


・・・・お米とオムツ、一緒にしちゃった?高いんでしょ?

いつものより10ポンド高いけど、まいいじゃない。



なんでいきなり日本の日本米なんていう高価な物に手を出したのか
よく分からないけど、まいっかの心で受け止めた。


そして、散々日本の日本米だよ!と力説していたくせに、
うちに残ってるアメリカの日本米が入ってる米櫃に
そのまま入れちゃった。。。


え・・・日本の日本米の意味・・・


なぜ自宅でブレンド米にする・・・・?




でも、、まいっかの心で受け流します。




10ポンド、無駄です(笑


◎  八方ふさがり 

流しっぱなしのYoutubeに、ちょいちょい入ってくるカルティエのCM。

♪Diamonds are a girl's best friend~

(♪ダイアモンドは女子のベストフレンドよ)


この曲に合わせて、
カルティエの大きなダイヤモンドがいくつも映し出されます。


別に宝石とか好きじゃないし、結婚指輪すら全然してないのに、
なんかおっきなダイヤモンドが欲しくなっちゃう。笑


すごいね、宣伝の効果って。
これぞサブリミナル効果?


さてさて、うちのマンションのエレベーターが壊れて2週間以上経ちます。
一向に直る気配がありません。


住人は毎日元気に階段を上り下り。


エレベーターが動かないと、ベビーカーが使えないじゃないか。


でもね、その前に・・・


10月24日に買ったベビーカーが・・・

まだ届きません。



2週間で配達されるはずが、もうすぐ2か月になってしまいますけど。


毎週のように抗議の電話して、ようやく先週届くはずだったのに、
業者から言われたのは


届いたは届いたんだが・・・色が違う。
またドイツから取り寄せるから、ちょっと待ってくれ。




ばかか!
どんだけばかか!!




そもそも、ドイツってすぐそこじゃん。
取り寄せにしたって時間かかりすぎだろ。
なんで2か月弱もかかってんねん。


しかも、私的にはイギリス人よりドイツ人のが信頼できるんだけど、
そのドイツ人が色間違えて送ってきたのかいな。
お前らが間違えたんと違うのかいな。


本当、腸が煮えくり返りそうなくらい適当な対応しかできない業者です。


もうすぐクリスマス。
この国はクリスマスになると、普段からダメなデリバリーサービスが
更に輪をかけてダメになります。


下手したら、我が家のベビーカーは来年にならないと届かないかも。


でもね、ベビーカー届いたって、
エレベーター動かないと使えないしね。
何なら、うちのマンション、もうエレベーターサービス止めたのかもね。笑


八方ふさがりですよ。


あー、本当ダメな国。。。。


ストレス発散にダイヤモンド買っちゃうぞ


◎  名前 

なんて読むと思いますか?

20151210_name.jpg


うちの子の名前ではございません。
妹んとこの子の名前です。


お姉ちゃん(私)はいつも字を書く係なので、
今回もこの命名を書いて、
ロンドンから日本へ母宅急便で送って上げました。


これでハルと読むそうです。


ん~・・・あたしゃ読めないけどね。
最近の子の名前ですね。


私はどうもこの「隼」の字を見ると、胸が切なくなります。


さて、うちの子の名前ですが、
妊娠中に話し合いを重ねに重ねましたが、全然決まらないもんで、
姓名判断的なものを気にすると一生決まらんって事で、
サムライ氏と私、妊娠中期頃から二人で響きが気にいっていた名があったので
最終的にはその名前にしました。


姓名判断的にはそんなに良くもない名前だけど、
男の子だし、自分の人生は自分で切り開いてという事で・・・


ただ、外国人には発音できない名前なので、
イギリスの出生届にはミドルネームも登録しました。


なので、うちの子の名前は山田 マイケル 一郎 みたいな。
外国人にはミドルネームで呼んでもらいます。


ブログネームは長男という事でイチローにします。


今後はサムライ氏に並び、イチローの名も頻出することでしょう。


よろしくご記憶下さい(笑


◎  ニューボーンフォトが届いた! 

生後6日での撮影です。
どれもこれも可愛すぎて、どれを家に飾るか決められません


取りあえず母には2枚プリントして、フレームに入れて持たせました(笑


白黒バージョンにて。


小さなおてて♡
20151211_newborn02.jpg


小さなあんよ♡
20151211_newborn01.jpg


あぁ、おりこうさん♡
20151211_newborn05.jpg


これのカラー版、配り歩いてます
20151211_newborn03.jpg


ファミリーフォトも撮ってもらった。
このおじさんみたいな顔、よくするんです。
20151211_newborn04.jpg



すごい勢いで大きくなってるので、
この生まれたての写真が残せて本当に良かったです


以上、おやばか全開でした


◎  上ばかり見ない 

私のモットーの中に、下は見ない。上だけ見る。というのがある。


人間、何かを目標とした時、
下を見ればきりがないし、上を見てもきりがない。


だから、下を見て安心感を得るのではなく、
上を見て、もっとできるはずと考えてきた。


でも、その考え方を今はお休みしようと思った。


例えば、サムライ氏に対して。


頭が息子でいっぱいいっぱいになりすぎて、
なんでもっとこうしてくれないの
なんで私ばっかりこんな思いしなきゃいけないの
なんで分かってくれないの

なんで、なんで、なんで。


自分の理想通りに動いてくれない彼に対して、
私の心は不満のオンパレード。


世間ではイクメンなんて言葉が流行ってたりして、
こんなに上手に育児してくれる旦那さんだっているのにと。


でも、ある日、知恵袋や人のブログやなんかを読んでいて
ふと思ったんです。


日常的に帰りが遅い旦那さんを持つ家は、
育児はほとんど一人でしないといけないわけだし、

出張が多い旦那さんを持つ家は、
宿泊で家にいない事もしばしばだろうし、

女が育児と家事をして当たり前だと思っている旦那さんだって
未だに多いと。


そういう家庭に比べたら、
サムライ氏の育児への協力指数は半端なく高く、
私なんか超幸せな部類だと思う。


それでももっともっとって、
自分が彼に対して求めすぎている事き気づき反省した。


私、これからは下も見るね。
君はとても良い旦那さんだよ。
ごめんね



そう言うと、サムライ氏は笑って俺も頑張るからねと言ってくれた。


日中、息子と2人生活が始まって、
とても孤独を感じるし、
まだまだ不慣れで、異常に泣かれるとすごい不安になってしまう。


そして、ある程度のボルテージに達すると、
へたれな私はギャン泣きし続ける息子と一緒に泣きだしてしまう。


今日も私が泣いている事を知ったサムライ氏が
お昼の時間にお弁当を持って急に帰ってきてくれた。


誰かがまたメソメソしてるから、帰ってきたよ。
かつ丼と牛丼、どっちがいい?^^



私の旦那はなんてできた人なんだろうと思ったよ。


今夜はサムライ氏にディナーの予定が入っているので、
私が余計に不安に思っている事を彼は分かっていた。


世の中に、こんなにできた夫はいないだろうと
また思った。


ありがたい。


◎  母、帰国 

結局、母は過激なホームシックと、
精神不安定な私から辛くあたられるのを苦に
予定を2週間早め、週末に日本に帰って行ってしまいました。


やっぱり65歳で初の海外は厳しかったと思います。
外に出たのも最初の何日かだけだった。


何もしてあげられない母も辛かったと思うし、
体しんどいのに、母の世話までしなきゃいけない私も辛かった。


結局最後まで、うちの玄関のドアの開け方も分かってもらえないままでした。


でも、いなくなってみると、やっぱり日中ひとりで過ごすのと、
誰かがいてくれるのとは全然違うなと痛感。


生活の助けには全然なってくれなかったけど、
息子を見てくれる事はしてくれていたので、
母が帰った日の翌朝、真っ暗なリビングに出て号泣。


いつもは電気とテレビがついていて、
そこそこ温かかったリビングで、息子を「おはよう。はい」と渡していたのに、
もう受け取ってくれる人もいないんだと思うと、
なんでもっと優しくしてあげられなかったのかと後悔が沸き上がった。


羽田に着き、迎えに来ている家族を見た瞬間、
速攻泣きじゃくってる母の動画が妹から送られて来て、
父から離れて一人で何もした事のない母が、
どれだけ頑張ってイギリスに来てくれたんだろうって思った。


後悔先に立たず。


でも、今の私には母の事まで気遣って上げられる余裕がないのも事実。


辛く当たっては泣いて謝っての繰り返しだった日々。
多分母は、私がこんなに泣き虫なのを知らなかったと思う。


次会う時は、大きくなった息子を連れて、
いつもの私で会いたいな。


頑張って来てくれてありがとう。


◎  ニューボーンフォトやりました! 

一度は諦めたニューボーンフォト。


実は、あの後引き受けてくれるカメラマンが見つかって
お願いする事ができました。

→10月17日 Newborn Photo


カメラマンが小物を持って自宅に来てくれて撮影してくれます。



撮影中、すごい良い子でした。



あと何日かで仕上がってくるはず。


楽しみだな♡


既に一枚だけ貰った写真。
かわいすぎて食べちゃいたい♪( ´▽`)
おやばか(笑)



◎  見えない敵 

ホルモンの力って恐ろしい。


私は今までPMSとかとも無縁に生きて来たし、
妊娠するまで、ホルモンの影響で自分が左右される事もなかった。


でも、産後の自分の異常さはすごい。


気分の浮き沈みが、いつもより7割増しくらいにひどい。


自分で自分が異常だって分かってるのに、
全然治せない。


普段より小さい事が気になって、夫や母にあたって、
それでも満足いかなくて、イライラして、怒って、最後に泣く。
みーんな敵に思える。


ついこの前まで、幸せで幸せでしょうがなかったのに、
なんでこんな結婚してしまったのだろうとすら思ってしまう。


産後、家に訪ねて来てくれる地域のサポーターの人から貰った冊子の中に
Baby Blues and Postnatal Depression(産後鬱)
のパンフレットも入っていた。


『一人で悩まないで』的なやつ。


ホルモンとの戦いは、全世界共通なんだね。


まるで見えない敵と戦っているようで、
とても辛い。


◎  息子と出会うまで③ 

タオルに包まれて息子が会いに来てくれた。


とつきとおか、私のお腹にいた私たちの初めての子供。
20151113_babyborn06.jpg



ファーストキス。
20151113_babyborn04.jpg



ずっとずっと、ずっと会いたかったんだよ。
やっと会えたね。


たくさん時間がかかってごめんね。
無事に産まれて来てくれてありがとう。


辛い思い、たくさんさせてごめんね。



色んな思いが溢れ出して、涙が止まらなかった。
20151113_babyborn03.jpg



こうして私のお産は終了したのでした。



閉腹してから薬の影響で吐き気がひどかった私に変わって、
サムライ氏がskin to skinをしてくれていた。
20151113_babyborn05.jpg


サムライ氏も、3日間ほとんど寝ないで私に付き添ってくれてありがとう。


これからは家族3人で色んな事を乗り越えて行こうね。


※病院は居心地が本当に悪かったので、2日後には退院しました。
※唯一「良かった」って思えるのは、傷口が綺麗な事。





back to TOP