FC2ブログ

Precious Diary

I am 昔は主人より男前!現在情緒不安定!!只今イギリスにて手探り2人育児中!!!

◎  イタリア旅行記~Hello Venice!~ 

ミラノは1泊で切り上げ、ベネチアに戻ってきて大正解でした。
こっちの方が断然胸がワクワクした。


なんてったって、ホンマもんの
ディズニーシー!
え、表現力ない・・・?笑


本当に本当に、ほんとーーに水の都だった!!!
20150207_13.jpg



街中にも水路があちこちだから、
道が細く入り乱れていて、超分かりずらかった!
20150207_15.jpg


サムライ氏が駅からホテルまで、
歩いても15分もしないとか知ったかぶりやがって、
結局50分も歩かされました。


普通の女の子って、50分も歩けないでしょ?


私の膀胱はその50分の間に満タンになってしまって、初日から大喧嘩!
※すぐに仲直りしたけどね!



宅急便とかも勿論船で運んでいます。
20150207_14.jpg



ベネチアでの驚きは、
本当に水の都なんだという事
韓国人の異常な多さ(3歩歩けば韓国人)
レストランに平然と犬を連れてくる事



どこのレストランにも犬がいるよ!ってくらいの割合で犬がいました。
ベニスの人って相当な犬好き・・・?


この時なんて、後ろにドデカ犬がいたので、
サムライ氏のコートは毛だらけになってました
20150207_16.jpg


色々写真あげていきたいと思います。



◎  イタリア旅行記~ミラノおすすめレストラン②~ 

おすすめその②は、こちらもトミーからの推奨。

Ristorante Le Cinque Terre
※HPが見つけられないんだけど、興味ある方はGoogleしてみてください。


日本語のメニューの用意もあります。
日本語のメニューは私たちの先輩が作ったものだそうです。


イタリア人はランチの時間も遅いようで、
12時ピッタリに行ったら、お店の対応ははえーよ!って感じで、
しばらく私たちだけで貸切状態でした。
20150207_12.jpg


ハーフボトルでお願いした白ワイン、ボトルがとても可愛かった。
20150207_09.jpg



ここのおススメは前菜盛り合わせ。


陳列されているお料理を好きなだけ、1度だけ取ってきて良いんですよ。
20150207_11.jpg


私は少しづつ、3分の2くらいの種類を頂きました。
20150207_08.jpg


で、お料理も美味しい。
20150207_34.jpg


最後に、私が意を決してイタリア語で
チョコレートムースを下さいって言おうとした瞬間に、

ん?デザートか?
デザートはワゴンがあるから待っていろ


って、、、


頑張ってイタリア語話そうと思ったのに。

20150207_10.jpg


店内に地元紙にも紹介された記事が貼ってあったので、
地元でもなかなか定評あるレストランなんだと思います。


このお店はランチにおすすめです!


◎  イタリア旅行記~ミラノおすすめレストラン①~ 

ミラノでのおススメのレストランその1

Boccondivino
http://www.boccondivino.com/



スイスのトミーが、
色んな種類のワインが食事に合わせて出てくるから超おススメ!!!
って教えてくれたレストランです。


本当その通り、
プロセッコから始まり、白ワイン1種類、赤ワインを5種類も出して頂きました。

全てがイタリアワインで、日本みたいに、ちょっとしかくれないサービスではなく、
次のお料理が出てくるまで、どれだけでもその時のワインを楽しめます。


お料理の方は、コースなのでじゃんじゃん出てきます。


手の込んだ料理というわけではなく、


野菜がドーンとか
20150207_01.jpg


ハムがドーンとか
20150207_02.jpg


チーズがドーンとか、
20150207_03.jpg



ドーンドーンって感じです。



店員さんもとってもフレンドリー。
このパスタとリゾットはメチャメチャ美味しかった!
20150207_04.jpg


ワインに力を入れているレストランなだけあって、
壁にもワインがギッシリでした。
20150207_06.jpg


店内は満席だったので、予約は必ず必要だと思います。
20150207_07.jpg


そうそう。
イタリア人の食事はとても遅く、このレストランも7時に予約したかったのに、
ノーノー。7時は早すぎるよ。うちのオープンは8時だよ。
と電話がかかってきました。


お店の開店が20時だなんて・・・


そんでもって、1回の食事にもめちゃめちゃ時間をかけます。


この日、20時にお店に入って、すぐにサービスが始まり、
デザートがでてくる頃にはもうこんな時間になっていました。
20150207_05.jpg


途中、もうお腹に入らなくて、何品かスキップしてたんだけど、
それでもでも、パルミジャーノは食べるでしょ?と、
お腹一杯の客にまだチーズを食べさせようとするイタリア人。


イタリアでは、食後にチーズを食す文化がまだまだ根強く残っているんですね。
私たちは全然食べられませんでした。


こんだけ食べて飲んだんだから、お会計もそこそこなんじゃない?
と2人で興味深々で伝票を待っていたら、
驚きの130ユーロ(17,000円程度)


破格!!
あれだけ食べさせてもらって、飲ませてもらって、130ユーロだなんて・・・
日本だったら軽く5万円は越す内容だと思います。


とても幸せで驚きなディナーでした。
店内日本人は全くいなかったけど、是非おすすめ!!


◎  イタリア旅行記~気分はミラネーゼ~ 

パリ同様、オシャレな街というイメージが強いミラノ。


街を歩く人を見ていて印象的だったのは、
身につけているものがカラフルだな
という事。


という事で、私もピンクを基調に仕上げてみました。


ピンクセーターと、
ピンク靴下。


沢山歩くからブーツは履けないってなった時の手持ちが、
これしかなかったという。。。
16254446158_abb1380e94_o.jpg



この時点でサムライ氏の反応は・・・

雅ちゃん、なんか韓国人みたいだよ。。。


しょうがないでしょ!



なんかこれだけだとパンチが足りないなぁ・・・と思い、私は閃いた。



口紅を塗ってみよう。
こないだ買ったDIORのリップを塗りぬり❤
16254702840_7b3ea301500c5_o.jpg



顔もできたよーーーーーー!!!



タダ~ン!!
※ホラーチックなので、写真は小でお送りしております(笑
16254702840_7b3ea300c5_o.jpg


本当はカラー淵のメガネでも持ってれば、
それもしたいところでした。


ダサさと奇抜さは紙一重。



◎  イタリア旅行記~ミラノ編~ 

さて、飲んで、食べて、吐きまくった
3泊4日のイタリアの旅を振り返りたいと思います。


少なからず、日曜日の私は笑顔でした。


今回の飛行機代は、
AVIOSポイントを100ポンド分使ったので、2人で344ポンドでした。
日本円にすると61,600円程度(179円計算)。

1週間前に取ってこの価格。安いっす。


私たちはベネツィアにつくなり、まずミラノから攻めました。
ベネツィアからミラノへは電車で2時間25分で行けます。


ミラノにはそんなに見どころはないという夫の意見を信じ、
ミラノの滞在時間は24時間も取り入れなかったんだけど、
そうして良かったです。


ミラノさんには、私的にグッと来る見どころポイントはありませんでした。


ドゥオーモに行って写真を撮り
15821970813_d8e9d21cc5_o.jpg


駅前で写真を撮り
16441200602_2a25e2a3f3_o.jpg


以上、しゅーーりょーーーー 笑


ただ、友達に教えてもらったレストランが超美味しかったので、
レストランのご紹介と、
私のミラネーゼファッションを次でご紹介します。

ふふふ


◎  本当にクソだな、NHS 

前回病院に行ったのが11月。


次のアポは2月の下旬と言われ、約3か月も待ちました。


しかし・・・


ここに来てサムライ氏のバタバタもあり、
アポの日にイギリスにいそうにありません。


重い気を一生懸命持ち上げて、病院に電話しました。


申し訳ないんですけど、アポの日付を変えてもらいたいんですけど。
お待ちください。可能な日にちを調べます。
・・・・・
お待たせしました。
現在は全て予約で埋まっているので、代替の日付を出せません。

全てっていつまでですか?
5月1日までの毎日です。
それ以降はシステムに反映できないので、予約はできません。
なので今は予約を受け付けられません。

・・・じゃぁ、私はどうしたらいいんでしょうか?
毎日こうして電話を下さい。キャンセルが出れば入れるでしょう。


なんだこれ。


一体いくらの税金を、我が家がこの国に納めてると思っているんだ。
そんなんなら、ナショナルインシュランスとして徴収されている分かえしてくれよ。
その金で、プライベートの病院行くよ。


NHSで不妊治療とか、夢のまた夢かもしれないですね。


もうやだ、この国の医療。。。


◎  お祝いシャンパン 

サムライ氏の転職を色々な人がお祝いしてくれています。
私を置いて、お客さんとサッカー見に行ったりしてるし。。。


先日はまた私の元同僚たちをうちに招いて、ホームパーティをしました。


持ってきて頂いたお酒は、
おっと!

ドン・ペリニヨン!
20150204_01.jpg


ドンペリなんて、まだシャンパンを飲めなかった時代に
意味も分からず飲んでたぶりで、
大人になってから飲むドンペリがこんなに美味なものだったとは!


感激でした。


そして、サムライ氏の新しいボスからも、お祝いシャンパンが届いた。

ボランジェ・スペシャルキュヴェ
20150204_02.jpg


シャンパンは2人だと少し多いので、
オイワちゃん夫婦がまたうちに来た時にでも開けようかな。


転職を祝ってもらえるというのは、有難い事です。



◎  パートナーシップ 2/2L 

例えば、うちのお店にもゲイの人が2人いる。


あきらかに「この人はきっとそうだな」って思っていたスペイン人と、
「もしかしたらそうなのかな?」って思っていたらそうだった、マネージャー。


2人ともオープンに自分のパートナーは男性である事を公言している。


こないだマネージャーと2人だった時に、
何故だか将来の子どもの話に話題が及んでしまいました。


私が、近い将来に子供ができたらいいなと思っているという話を話終え、
What about you?(あなたは?)と聞いてしまった。


何故そんな事を言ったの、わーたーしー!!!!
と自分を責めながらも、言った事は取り消せない。

でも、これって聞いていい事か?
どうなんだ?どうする私!

って胸がザワザワしていたら、
普通に子どもについてどう思っているかを語ってくれた。


けどね、彼が熱く語ってくれている傍らで、私は
親が2人共男だったら、子供は何て呼ぶんだ?とか、
将来その子供もやっぱり同性婚をするようになるのだろうか・・・・とか、
何かしょーもない事考えちゃうんだよねぇ。


かと言って、こういう質問を本人に直接投げかけたら
失礼にあたるのかどうかも分からない。


会話にとても困ったひと時でした。


日本語ならオブラートに包んで聞ける事もあるけど、
英語だと、ちょっと自分の能力にかけるので、
どこまで踏み込んでいいのかも分からないし、上手に話せない。


相手に対して失礼な事を言いたくないし、
かと言って、壁があるとも思われたくない。


世界には色んな人がいて、
その色んな人と接していくというのは難しくもありますが、
見聞を広めるという点から考えると、やっぱり色んな人と出会うというのはいいですね。


マネージャーはお喋りでとても良い人なので、
もう少し踏み込んだ会話も今後できるようになるといいなと思います。


◎  パートナーシップ 1/2 

世界的に結婚しないカップルも増えてきたからか、
それとも私が大人になったからか、
それとも法律が柔軟になってきたからか、
My girlfriend、My Wifeに並んで
My partnerという言葉を使う人が最近になって断然増えた気がします。


マイ・ガールフレンドとは、彼女の事。
マイ・ワイフとは、妻の事。
マイ・パートナーとは、その言葉の通りパートナーの事。


私の感覚としては、
男女間の関係においてパートナーという言葉を利用する場合は、
長期に渡り交際しているが、籍は入れていないカップルなんじゃないかなと
思っています。


が。


ガールフレンド(女)、ワイフ(女)と違って、
パートナーという呼び名は性別を特定してくれません。


パートナー=異性とは限らないこの世の中。
イギリスではCivil Partnership Actという法律で、同性婚も認められています。


そう。
だから、パートナーという言葉を使う人は同性愛の人も多いです。


会話中にパートナーという言葉が出てきたら、
その後に続く言葉が、HE(彼)なのかSHE(彼女)なのかは重要ですね。


カナダも同性カップルが盛んだった国だったので、
今更偏見とか、そういう感覚はないんだけど、話に困ってしまう時がある。


同性婚している人に対して、
何を聞いたら失礼なのか、どこまで踏み込んだ話をしていいのかというのが
私の中で掴めていないので、
何となく上っ面の会話しかできないでいる。


もう少し書きたいので続きます。


◎  挨拶文化の違い 

仲良しのフランス人、ビクトリアからの質問。


日本人は挨拶でキスはしないの?


アンサー:
致しません。



ここで言う挨拶のキスとは、ンマンマキスの事。

西洋人が会うなりやるコレ。
Cheek-Kiss1.jpg


ビクトリアが言うには、

クラスメイトの日本人の子と一緒にいる時に、
私の彼が迎えに来てくれたから紹介したのよ。
その時、彼がその子にキスをしたら、その子が直立不動になっちゃったの!
なんで?



そりゃね、日本人、会ってすぐの人と頬をくっつけたりしませんからね。

しかも、友達の彼氏にそんなに接近される事もないですからね。



このンマンマキス、私も未だにすごーく苦手です。



それでも、相手に合わせてする時はしますが、
すっごいまれにそっちからかよ!って事ないですか?


だいたいは右頬からすると思うんだけど、
地域によっては?人によっては?左からする人もいて、
なんか顔が右往左往してグダグダッとなる。


男の人とする時は、ひげが頬にささって痛いし。


初めて会う人との挨拶は、握手くらいまでにしてもらいたいものです。


最近お店に入ってきた、黒人10代ギャルは、
私を見つけるなり、走ってきて思いっきり抱きしめられます。


・・・・そんなに親しいわけでもないのに、対応に困ります。
そして、体臭も本当にキツイので、対応に困ります。。


◎  日曜日の私は笑顔ですか? 

この記事を書いているのは木曜日です。
取りあえず、今週末はイタリアに行っているはずです、私たち。


なぜはずなのかというと、
今週はずっとケンカしているので、口もきいていないし、
顔も見ていないからですね。


120%、奴の日常生活能力が欠けている事が原因なんだけど、
私も私で、それに対して全然慣れないから、
頻繁にキレすぎて自分が嫌になる。


仕事ができて、
沢山お金を稼いでくるんだから
少しくらいの事は多めに見てあげてもいいじゃない。


これ、よく周りから言われる事なんですけど。。。



少しくらいは多めに見てますよ、私。



でも、私の拡張してあげた許容範囲を大幅に上回って攻めてくる
あやつのダメ男ぶり。


結婚するあたりから、
どれだけ頻繁に怒るようになっただろう、私。


このままだったら顔が歪む。
何度サムライ氏に言っている事だろうか。


これが釣った魚にエサは上げない方式で、
サムライ氏の注意力が欠けたせいなのか、
ただ単に私の怒り沸点が下がってしまっただけなのか。


こう、しょっちゅうしょっちゅう怒っているのは
精神的に非常にしんどいです。


あんな奴、ウォーターセブンでCP9につかまったらいいのに。。。
20150129_02.jpg


なんて。


今頃、水の都ベネツィアを楽しんでいますように。
venice-santa-maria-della-salute-1920x1080.jpg

20150129_01.jpg




back to TOP