FC2ブログ

Precious Diary

I am 昔は主人より男前!現在情緒不安定!!只今イギリスにて手探り2人育児中!!!

◎  サムイ島旅行記 - 7日目 

サムイ島最終日。
今日は原付を借りて、島を周遊してみました。

原付ね、安いの。
二人乗りできる原付で、1台1日150バーツ。(約450円)
タクシーがだいたいどっか行くのに500かかるから、
原付はかなりお得です。

もっと早くから原付行動にすれば良かった。
ガソリンは小瓶で売ってて、一本40バーツが相場。
2本も入れておけば、1日は十分遊べます。

うちはサムライ氏の後ろに乗るなんて、
そんな危ない事できないので2台借りました。

あたし、バイク大好きー♪
P9130600.jpg

こーんな人通りのない道をブーンと走って、
気分超爽快。
P9130607.jpg

そのうち、予期せぬコンラッドホテルに到着。
私が丁度トイレに行きたかったので、
少し寄りました。

すると、予期せぬ絶景!!!!!!!
P9130576.jpg

なんなの!このビューは!!!
あたし、ここで一杯飲みたい!!!

そう思い、サムライ氏に宿泊客じゃないけど、
バーエリアに入ってってもいいかと
聞きに行かせました。

答えはノー・・・

さよなら、コンラッド。
この恨みは一生忘れないよ。

いーじゃん、飲ませてくれたって!
べー!!!

フロントエリアには韓国人が沢山いて、
なんだか負けた気分で超悔しかったです。

それにしても綺麗だった。

そして帰りがけ、また滝に寄って、
マッサージして、ホテルに帰ってきて、
プールサイドでゴロゴロ。

今夜はホテルのレストランを
サムライ君が予約してくれていました。

木の上がレストランになっています。
IMG_7970.jpg

まぁ、可もなく不可もなく、
今回の旅を振り返りながら、
ああでもないこうでもないと話ながら、
ディナーをしました。

そして、そのうちサムライ君がトイレに行った。

帰ってきたその手には、
白いバラの花束が握られていました。
IMG_8024.jpg

「昨日の花嫁さんと同じブーケ、作ってもらった^^」

あたし、号泣。

この旅中、何度サムライ氏を叱責した事だろう。
何度自分の都合で彼に冷たく当たっただろう。
何度暴言を吐いただろう。

それでもこの人は私を大事にしてくれる。

私が自分と一緒にいる事を、常に感謝してくれる。

なんて私には勿体ない人なんだろう。

ごめんねとありがとうの気持ちで一杯になって
しばらく涙が止まりませんでした。

そしてまた、自分の小ささに反省。
私はなんて暴君なんだ。
なんなんだ。

そんな私を見捨てないでくれて、
とてもありがとう、サムライ君。

せっかくだけど、この花は持っては帰れない。
だから、明日は早起きして、
出発前にビーチで撮影会して、存分にこの素敵な花を楽しみ、
毎日私たちのお部屋を綺麗にしてくれた
ルームキーパーさんにチップと共において帰ります。
IMG_8025.jpg

7泊8日の旅、
最後は素敵な思い出で締めくくられました。

幸せだな、私。
IMG_8016.jpg
スポンサーサイト



◎  サムイ島旅行記 - 6日目2/2L 

お昼、ホテル戻ってきてプールに行くと、
ビーチに結婚式の準備がしてある!
P9120514.jpg

こないだはパーティが見れて、
今日は式が見れる!

しかも、青空結婚式&ウェスタンスタイルだから、
私たちの結婚式と一緒。

あたし、興味深々でその名の通り
身を乗り出して見ていました。
P9120509.jpg

途中、私があまりにも真剣なので、
カメラマンのおじさんが私の写真を撮っていた(笑

優しそうな白人のおじさんで
「どこの人たちの結婚式?」と聞いたら、
「オーストラリア人だよ」だって。

日本人にとってのハワイは、
オージーにとってのサムイ島なのかもね。

そうこうしている間に
グルームズマン達の入場。
P9120516.jpg

実は後で分かったんだけど、
新郎もこの中に普通にいた。

そして、フラワーガールズ。
この子たちが現れた瞬間、会場からはため息。
P9120523.jpg

あまりにも可愛いすぎるでしょー!!!
2歳くらいだろうに、
終始お利口さんにしてましたよ。
私もモモカ&リオのセットでいけるんじゃないかと
考え出しました。

そして、ブライズメイド入場。
P9120527.jpg

待ってましたの花嫁入場。
P9120530.jpg

みんなが見守る中、誓いの儀式です。
P9120542.jpg

プールサイドも見守ってますよ。笑
P9120545.jpg

お互い結婚証明証にサインをして
P9120549.jpg

新しい夫婦の誕生です!!!!
P9120552.jpg

ヒューヒュー!!!!

プールサイドの観客たちも
皆幸せな気分になりました。

なんだかただで結婚式に参加させてもらって
超お得な気分。

あー、やっぱり青空結婚式っていいなぁ。

お幸せに!

◎  サムイ島旅行記 - 6日目1/2 

サムイ島6日目、
編込み髪の毛とヘナ、
ドクターフィッシュをやった!

前から興味あった
ストリート系の編込みスタイル。

こんな時しか挑戦できない!!

ちょっと不安。
P9110440.jpg

できた!
P9110449.jpg

頭洗うの大変だけど、気に入ってます。


そして、ヘナ!


これまたヘナもずっと前からやってみたかったのだ。
でも、チャンスがなかった。


本当はよくある手の甲から腕の方に流れていくような
絵を描きたかったんだけど、
それだと会社行けなくなっちゃうから、
肩で我慢しました。


まず絵を決めて、どこに描いてもらうかを決めます。
P9120459.jpg


ペタッと下書き。
P9120467.jpg


あとはお兄さんが一生懸命描いてくれて
P9120479.jpg


完成!!
P9120483.jpg


私たち2人の星座、さそりを描いてもらいました。


お兄さん、可愛くて優しかった♪


そしてまた買い物して、値切って、
P9120489.jpg


ホテルに戻ってゴロゴロ。
P9120498.jpg


夜はまたマッサージと、ドクターフィッシュに
行ってきました。


水槽に2人で足つっこんだんだけど、
サムライ氏の足の方に大量の魚たちを
持っていかれた・・・
P9120553.jpg


私の足より、
サムライ君の足のが角質多いんだろうな。

それでも、私はくすぐったくて
大騒ぎでした。


今日は写真が多いので、
2つに分けます。

◎  サムイ島旅行記 - 5日目 

サムイ島滞在5日目。
象に乗ってきましたよ!

前日の事があるのでサムライ氏が信じられない私は、
自分で前日にガイドブックに載ってる業者に電話し、
象ツアーを申し込みました。

今まで乗った動物。
馬、ラクダ、ロバ。
その中でも一番怖かったかも、象!
IMG_7665.jpg


こんな感じでトレッキングです。
IMG_7692.jpg

象はなかなか毛深くて、
首元に直に座った時は毛がチクチクして痛かった。
象の耳の裏はこんな模様。
P9110368.jpg

このおじさんが象遣い。
IMG_7647.jpg

途中で木になってるライチを取って、
剥いてくれましたよ。
P9110364.jpg

いい人だったけど、最後は端っこに連れてかれて
「くれないと降ろさないぞ」ばりに
チップの強要に合います(笑

私たちは200バーツ(約600円)差し上げましたよ。
多分、他の人種のチップより多くて、
おじさん喜んでた。

途中から直接象の首に座らせてもらえます。
皆様も是非のって!
IMG_7663.jpg

1時間象に乗った後は、
近くの滝でパワー注入。
IMG_7724.jpg

そして、お土産も買いました。
素敵じゃない?この花束たち。職人技。
石鹸です。
IMG_7752.jpg

帰りのバスは母娘2人旅の日本人親子と一緒になり、
色々お話しながら帰ってきました。

大学4年生の娘さん、就職も無事に決まり
これから始まる卒業旅行の先駆けとして
お母さんとマレーシア→サムイ→バンコクの旅だそうです。

なんだか心が温まった瞬間でした。

そして私たちはホテルに帰ってきて、
昨日の疲れが取れきってないので
ビーチでのんびり。

ブログタイムです。
P9110407.jpg

あっという間に残りあと3日。

◎  サムイ島旅行記 - 4日目 

4日目、ナンユアン島に行ってきました。

サムイ島から1時間半くらい離れた島なんだけど、
ソーーービューティフルな島です。

「船酔いの激しい人でも、
大きい船だから大丈夫」って口コミで見たから
安心してたのに、やってくれるよねサムライ氏。

見事に小舟で行くツアーを申し込んできました。

しかも、ナンユアン島だけ行きたかったのに、
その他余計な島にも行くツアー。

まじ役立たず。

結局こんなスピードボートに敷き詰められ、
向かい風のお蔭でボートがバンピンバンピン。
P9100155.jpg

揺れまくるわ、体びしょびしょになるわ、
気持ち悪いわで、途中から私大泣きです。

気を紛らわせる為に、
大泣きしながらも歌を歌う日本人。

みんなの注目の的です。

本当に恥ずかしかった。
でもね、そうでもしてないと吐いちゃうから
しょうがなかった。

そのうち手も震えてきて、
ついに耐えられなくなって吐きました。

一度吐き出してしまうと、
糸が切れたかのように吐き続ける私。

結局3回も吐きました。
それだけ過酷な航海でした。

隣にいるサムライ君を恨みつつ、
でも、その逆隣にいたオーストラリア人の
おじさん達2人が、
とても優しくしてくれました。

普通、他人が吐いたゲロ袋なんて
手に取りたくないだろうに、
そのおじさんは普通に
「貸しな」と言って処理してくれた。

ありがとう、おじさん。
オーストラリア人は優しいなぁ。

死ぬ思いで着いたナンユアン島。
結局2時間もかかりました。

しかも、すぐに次の島に行かないといけないから
滞在時間短し。

まず、体力の回復。
P9100163.jpg

こちらがナンユアン島!
サムイの海より全然綺麗でした!!
晴れ女発揮!
IMG_7453.jpg

吐いてまで来た分楽しまないとと
はしゃぎまくったぜ。
IMG_7626.jpg

私を撮るサムライ氏。この写真好き。
P9100196.jpg

そして、滞在時間わずか1時間40分。
すぐに旅立ちの時間が来ました。

船に乗りたくない私。
P9100239.jpg

でも、結果的にこの後は
追い風になった事で船酔いせずにすみました。

次のポイントではシュノーケリング。

私はライフジャケットを脱ぎ捨てて
泳ぎ倒したよ。
P9100309.jpg

だって、魚がこーんなにいたから!
P9100281.jpg

正直、シュノーケリングはいらなかったけど、
サムライ君がつけてしまったからしょうがないと
一応は楽しみました。

この日は疲労MAX。
食べたい物は味噌汁、そば。

日本食レストランにかけこみました。
P9100344.jpg

やっぱり日本食イズザベスト。

あー、久しぶりにあんなに吐いたなぁ。
そして、もう2度と30分を超える船は乗らない。

今度あんな船予約してきてみろ。
海の中心で蹴り落としてやる。

そんな4日目。
二人揃って1時間マッサージののちバタンキュー。

◎  サムイ島旅行記 - 3日目の夜 

3日目の夜、
とても幸せな気持ちになりました。

ビーチサイドにある、
ホテルのレストランに行ったんだけど、
ビーチではウェディングパーティが行われていました。
P9090107.jpg

だいたい40人弱のオーストラリア人。

「あんな人数が遥々サムイまで来て、
自分たちの結婚を祝ってくれるって、
すごい幸せな気分だろうな」と思いながら食事。

となりの席には
ドイツ人の赤ちゃんがいたの。

金髪で、色白で、
私が生みたい理想の赤ちゃんそのもの!

タイ人のウェイトレスも、
他のお客さん達も、その子にメロメロ。

人見知りもせず、みんなにニコニコして、
ほんっとーーーーーに
罪だろってくらい可愛かった。

2歳だって。

白人は劣化するのが早いけど、
赤ちゃんの時の可愛さといったら、
アジア人なんかの比にならないね。

私にはあのレベルの可愛い子は産めないんだと思うと
本当悔しい限りです。

帰るときには皆の衆に
「ばいばーい♥」と手を振って帰ってくれました。

まじ、やられた。

それだけでも結構幸せな気分だったんだけど、
そのうち結婚パーティの方が盛り上がりをみせてきて、
花火がバンバン打ちあがってきました。
P9090127.jpg

今、自分が結婚式の準備してるから
思いが重なってしまって、
花火が終わる頃には
身も知らない人の結婚式に涙だったよ。

改めて自分の結婚式が楽しみになったし、
早まって結婚しないで良かったと
心の底から思った。

20代前半で結婚するのと、
20代後半で結婚するのとじゃ、
噛みしめられる人生の重みというのが違うなと、
他人様の結婚パーティを眺めながら
しみじみと思ったのでした。

マチュアな幸せ。
そのカップルが得たもの。
そして、私が得るもの。
そして、私の多くのこれから結婚する友達たちが得るもの。

本当幸せな気分になった。

ありがとう。

Ausie, Ausie, Ausie, oi! oi! oi!

◎  サムイ島旅行記 - 3日目 

そろそろタイ料理に飽きてきた私。
というか、そもそもパクチー等の香草が嫌いな私は、
タイ料理が好きではない事に気が付いた。

やっぱり日本食イズザベストですよ。
味噌汁飲みたい。

さて。今日はホテルのある地区のビーチ、
チャウウェンビーチに行ってきました。

ビーチまでは乗合タクシーで行きます。

こんな車が頻繁に走ってるので、
それを止めて、自分の行先を告げ値段交渉。
※彼の抱えている荷物はおよそ10kg!重い!!
私、手ぶら!笑
P9090047.jpg

ビーチまでは一人あたり150円で乗る事ができました。
みんなで乗りあって、希望地の傍でドライバーが
「ついたぞー」とおろしてくれます。
P9090049.jpg

ところで、タイはマッサージ店多し!
石を投げればマッサージ店です。
P9090050.jpg

その価格、かなり安し。
1時間700円!
毎日マッサージできちゃうよ。

ビーチにもあります。
P9090065.jpg

そして、こちらがチャウウェンビーチ!
P9090094.jpg

きれーーーー!!!!!

サムライ君もはしゃいでます。
IMG_7399.jpg

はしゃぎつかれて、だれてます(笑
P9090105.jpg

ビーチには物売りの人たちがひっきりなしに来て、
少しうざかったです。

でも、きっとこういう怖いお兄さんの所は
行かないんだろうなぁとか思ったり。
P9090060.jpg

今日は1日ビーチでゆっくりデイでした。
やっとユックリできた。

明日は早起きして離島に行きます。
そこはもっときれいなんだー!

楽しみ!

これから夕飯。
もうタイ料理にうんざりしてるので、
ホテルでイタリアン。

今日はお酒を控えて早く寝ましょう。

◎  サムイ島旅行記 - 2日目 

サムイ島2日目。

前日の夜22時前には眠りについた私たち。
二人揃って7時には起きて「よく寝たー!」

気分爽快。

ジムからスタート!
P9080014.jpg

今日は少し遠くにお散歩に行きました。
が、あいにく曇っていて海は綺麗じゃなかった。

しょうがないから、
途中で出会ったマックのおじさんと撮影。
ドナルドさんもタイ仕様。
IMG_7186.jpg

で、もーすぐ雨降りそう!!
という事で、オージーバーに避難。
サムイ島はオーストラリア人が圧倒的に多いです。
IMG_7202.jpg

そして見事にスコール。
避難してて良かったぁ。
IMG_7235.jpg

雨が止んでから、マーケットに繰り出しました。

髪飾りを選んだり、
IMG_7241.jpg

屋台でご飯食べたり。
IMG_7275.jpg

電線多すぎだろって思ったり。笑
IMG_7251.jpg

あんまりパッとしない散歩を終え、
今日はホテルでマッサージ。

なんと、105分のタイマッサージコース。
人生後にも先にも105分もマッサージされる事は
まぁないでしょう。

素敵な場所
P9080025.jpg

「準備できたら、この鐘を鳴らしてください」
と言われたので、笑顔で鳴らしてみる。
P9080028.jpg

お姉さんたちが一生懸命足のマッサージをしてくれる。
P9080033.jpg

この後ベッドで偉い長い間
マッサージされました。

気持ち良かったけど、明日のモミ返しが心配。

こんな感じで2日目終了。
特に何もしてないけど、アッという間の1日。

目的の結婚式の事について
全然話せてません。

明日こそ、もう少しユックリできるといいなぁ。

◎  サムイ島旅行記 - 1日目 

来たよー!サムイ島!!
何気に遠かったです。

夜発のフライトは体力の限界を感じ、
私の機嫌も急降下するので、
もう乗りたくないと思いました(._.)

さて、7泊8日。
時間はたっくさーんあるので、
後でまとめて書くんじゃなくて
毎日旅行記書いていけるといいなと思っています。

タイ国際空港に乗って、いざサムイ島へ。
IMG_7094.jpg

サムイ空港。
空港はすごーく小さかったです。
airp.jpg

ホテルに着いたよー。
Anantara Lawana(アナンタララワナ)★★★★★
P9070062.jpg

フロントまでの道からタイっぽい!
P9070049.jpg

お部屋のドアを開けると
まず開放的なスペースwithプール。
ここで晩酌でもするかね♪
IMG_7132.jpg

そして、ベッドには象さんが待ち構えていました。
IMG_7156.jpg

洗面所、シャワー、トイレは部屋の外。
IMG_7140.jpg

1日目は疲労マックスだったので、
ホテルのレストランでお食事。

こんな人たちもいたよ。
P9070072.jpg

かなりアジアン雰囲気のあるホテルで
概ねハッピー。
ただ、やっぱり蚊の出現には困っています。

2日目は何しよーかなー!

サングラスもお揃いで買った♥
IMG_7121.jpg

あと6日!


back to TOP