FC2ブログ

Precious Diary

I am 昔は主人より男前!現在情緒不安定!!只今イギリスにて手探り2人育児中!!!

◎  エジプト旅行記 - 3日目(ナイル川クルーズ) 

本日は夕方まで予定がないので、ホテルのプールでリラックス。

私たちが泊ったのは、Le Meridien Pyramids。
Pyramids Viewのお部屋にしたので、
お部屋からも立派なピラミッドが見えました。
P1020704.jpg

日差しが強すぎてパラソルを開いてたんだけど、
係のおじさんが、陽がずれてく度に、パラソルもずらしてくれに来て、
「さすが5つ星」と感動したね。

夜になり、ナイル川クルーズへ出発。
P1020717.jpg

実は私たち、この日は何も予定をたてていなく、
急きょ前日にこれに申し込んだんです。
急な申し込みにも関わらず、更に宿泊客でもない私たちのリクエストに
迅速に対応してくれた近藤さん、どうもありがとうございました。

日本語OKのエジプト日本人宿「ベニス細川家〈ほそかわや〉ホテル」
http://www.venicehosokawaya.net/

ナイル川クルーズ自体はやはりそんなに面白い物ではなく、
ベリーダンサーもトルコで見たベリーダンス同様、
私と同じような体型の人が、お腹の肉をブルブル揺らしていただけ。
P1020720.jpg

でもまぁ、記念という事ですな。

クルーズが終わった後、船から出たら、
そこにはタクシーの運転手と思われる怖い人たちがたくさんいた。

一瞬ドキッとした私たちだったけど、
ベニス細川家さんのドライバーが私たちをすぐに見つけてくれて
「おかえり」と迎えてくれた。

あぁ、車つきにして本当に良かった。

帰りの車では、行きの時は黙っていた運転手さんのトークが炸裂。

「俺は日本人が大好きなんだ」「韓国人は笑わないから嫌いだ」
「エジプトは皆陽気でいい所だ」って、すっごい話してくれて、
そんなにお話好きだったなら、行きの車でも喋ってくれれば良かったのにと
思ったのでした。

ホテルに戻ると電気がつかない・・・
電話すると、修理のお兄ちゃんが直しにきてくれました。

5分くらいかな?ちょちょいと直してくれて
「さ、これで顔洗って寝れるわ」って思ったのに、
お兄さんが部屋から出て行かない。

つたない英語で私たちに何かを求めている。

「You, Me, Thank you. xxxxxxxxx ベンベン」
ずぅっとこんな事を言われ、
私たちは一体何を求められているのかチンプンカンプン。

結局粘り強くいたけれど、私たちには分かって上げられなかったので
そのまま部屋を去って行きました。

実は私、途中で何を求められてるのか分かったんです。

「俺が直してあげたんだから、感謝の気持ちとして
お土産にペンをくれ」と言っていたんだと思います。

エジプト人は「P」を発音できないので、ペンがベンになってしまいます。

そして、あちこちに日本のペンは書きやすくて人気があり、
エジプト人がよく欲しがると書いてあったので分かったのだ。

それにしても、部屋に居座ってまで物ちょうだいと強請るのにも驚いたし、
もし強請りたいなら、それくらいの英語は覚えておけよと思ったのでした。


更新頑張りますので、日々のクリックお願いします
スポンサーサイト





back to TOP