FC2ブログ

Precious Diary

I am 昔は主人より男前!現在情緒不安定!!只今イギリスにて手探り2人育児中!!!

◎  プライマリースクール決定 

4月16日、ママ達が心より楽しみにしていた
プライマリースクール(小学校)の発表の日でした。



朝からイチローのクラスのママチャットは大盛りあがりで、
「さぁ、今日よ!みんな心の準備はできてる?」
「長きにわたる不安からの開放の日!」
などなど、
やっぱりどの国も、子供の教育には熱心なんだなと思いました。



基本的には、上の子が既に通ってる場合は下の子も自動的に通えるから、
一人目をいかに自分たちの希望する学校に入れるかがキーなんですよね。



もう既にプライマリースクールに上の子がいるお母さんたちは、
一生懸命1人目ママ達に応援メッセージを送っていて、
なんか、受験じゃないのに、受験の発表みたいな感じになってて、
ものすごい一致団結感でしたw



第4希望まで提出するんだけど、
ロケーション的にどこも難しいうちの予想は、
運良ければ第3希望の学校に決まるかな。
下手したら全部入れず、近所のカソリック学校を割り当てられるんだろうな

でした。



そして午後、カウンシルからの一通のメールが届いた。



I am writing to offer Ichiro a place at ○○○ from September.



?!?!?!?!?!
そこに入っていた名前に驚き、心臓がバクつき、
すぐにサムライ氏のオフィスに飛んでいったよね。



なんと、希望としては第一希望だったんだけど、
絶対ムリだと思ってたから第2希望に落として応募した所。
1学年30人の小規模校で、去年は州で2番目に入るのが難関だった小学校です。



まさか、まさかの大どんでん返し。
例年の結果からみても、我が家がアロケートされる可能性は極めて低いから
私は見学すら行かなかったのに、
なんでうちが取ってもらえたの?!?!と、大興奮な一日でした。



ママチャットの方でも続々と
「うちはここが決まった!」「ここダメだった・・・」的な報告がされる中、
この休校中とても熱心にZOOMのアレンジをしてくれたり、
様々なアクティビティのシェアをしてくれたママから
まさかの全落ちの、遠くのカソリック学校を割り当てられてしまったという報告が。



いや、辛い。
子供の学校、何校も何校も見学して吟味したうえで4校まで希望出して、
それ全部入れない挙げ句に、遠くの学校を割り当てられ、
しかもカソリックだなんて。。。(その人はカソリックではないとの事)



それからしばらく、その人はママチャットでは発言していませんでした。



やぁ・・・肩の荷が降りた。
学校の事全然考えないで家買っちゃったもんだから、
どこの学校からも結構離れてて、
どんな学校をアロケーロされてしまうんだろうって約1年間不安だったからね。



結果、奇跡的にも素晴らしい学校に通えるオファーを頂き、
お陰でジローも、サブローもそこに入れる事が決まり、
いやーーー、もう安泰だ!二度と学校の心配しなくていいんだー!

と、この夜はお祝いしましたよ。



オファーが出てから週末は小学校へ通う練習をしています。
歩いて約12分の距離。
私は徒歩でイチローはスクーター。
9月からはこうやって小学校へ送っていくのかと
期待に胸が膨らみまくっています。





◎  母の日 

本日母の日。



朝起きてきたら、速攻で

お母さんにお手紙書いたんだよ!

って、イチローからネタバレ(笑



その後、カードをもらったわけなんだけど、
最近のイチローの流行りは「中に何が入ってるでしょうか?」ゲーム。
最近は何かにつけてクイズ方式です。



突拍子もないものが入ってたりするので想像もつかないし、
ヒントもフォニックで言ってくるのでよくわからないし、
なかなか難しく、なかなか面倒くさいゲームが流行中です。。。笑





◎  Forest School 

ナーサリーでの話。


こっちは天気が良い日が少ないので、
少しの雨くらいなら全然お散歩に行きます。
(日本の保育園って、雨の中散歩行かないでしょ?きっと)



もちろん傘はささず、コートのフードを被るだけ。
足は一応長靴に履き替えてくれます。



私は日本人的感覚なので、雨の日に外に出すのはやめて頂きたい。
お迎え行った時にコート濡れてると、
またこの雨の中、外行ったんかーいって心配になる。



靴下とかズボンが多少濡れてても、全然気にしてくれないから、
風邪ひいちゃうって気が気じゃないよね。



先日、結構な大雪が朝から降ったんですよ。






私はこの大雪でも外に出すのかい?
まさか出さないよね。
イチローは行っても、ジローのクラスはまさか外行かないよね。


と不安になりながら園に送っていって、
外に行くのか質問したら、
イチローのクラスも、ジローのクラスも即答で、

もちろんよ。
雪が止まないように、朝イチから出るわよ!!

ってメッチャ張り切ってた。



チーン。



国が違えば、文化も違う。
その中でも、この雨・雪の日でも子供たちを外に連れ出される文化だけは
どうも馴染めない。



でも、ロンドンには、雨だろうが台風だろうが、嵐だろうが、
毎日森の中でナーサリー生活を送る学校ってのがあって、
その学校はすごい人気があって、ウェイティングリストも超長いっていうのも
聞いたことがある。



最近は、フォレストスクールなるものが人気らしい。



うちのナーサリーも、
イチローの学年になると午後はフォレストスクールになって、
だだっぴろい公園を探索している



晴れの日は全然ウェルカムだけれども、
雨の日に外に出なきゃいけない意味が分からない。



まぁ、郷に行っては郷に従え。
どうかうちの子たちが風邪ひきませんようにと、
毎回雨の日は願っています。



◎  初恋 

毎日、ナーサリーの帰り道では
今日何をしたのかを話しながら帰ってくるのだけれども、
その時のお話。



ある程度日本語にして書きますが、
味が出る← 部分は英語で書きますw



今日は何したの?
○○へお散歩行った。
へぇ。誰と手つないだ?
レイヤ!
またレイヤ?
そうだよ。レイヤがイチローがいいって来たから。
へー。
イチローも、レイヤが好きだから。



え?!好き?!
急にやってきたよ。息子の恋バナ。



・・・そっかぁ。レイヤが好きなのかぁ。
レイヤ、イチローがいなかった時(ドバイ行ってた時)、missedしたって。
笑 そっかぁ。で、イチローは何て言ったの?
Me too. イチローもホリデークラブ(休み期間のナーサリー)にレイヤが来なかった時
missed だったよって言った




って、ラブラブか!!!



そっかぁ。でも、イチローは、ロレンゾ(男)もディレン(男)もみーんな好きだもんね。
うん。でも、レイヤが一番好き!!



母、チーン・・・・笑



このレイヤは、去年のクラスからずっとイチローとつかず離れず、
まるで子分のように扱ってくる気の強い女の子。



散歩の時も自分が手つなぎたい時は、
誰からもうばってイチローと手つないできたりするくせに、
自分が必要ない時は、すごい冷たくイチローの事あしらう子。

と、母はイチローより聞いている。笑
レイヤにI don't like youって言われたって、何度も聞いたし。



なんか、イチローが「missedした」とか言ってんの聞いて、
すごいニヤニヤしちゃったよね。



話が純粋で、可愛くて、きっと初めて色んな感情が湧き出てくる年になってきて、
あー、うちの子成長してるーー!!!って
車運転しながら、すごい一人でテンション上がってた。



女の子はおませだからよく好きな子の話するだろうとか思ってたけど、
男の子も、まさか年少さんの年で「好き」とか「I miss you too」とか
言うとは思わなかった。



母さん、かなり胸キュンな時間でした。



後日、お迎えにいった時、そのレイヤが他の男の子と2人でソファに座って
本読んでた時、

お前、うちの息子の事好きちゃうんかい。
浮気か!
私の可愛い息子弄ぶな!!




って、結構本気で思った母なのでした。笑




◎  お別れ 

約6ヶ月、サブローを産む少し前から我が家に入り、
私を支えてくれていたお手伝いの子が明日帰国してしまう。



うちの子みーんな懐いてます。
何なら、うちの夫よりも子供たちと過ごす時間が長かったからね。



イチローは彼女の事を
従姉妹としてナーサリーの先生に紹介していたようです。



そんなイチロー、最近は毎日彼女に

なんで帰るの?
帰らなくてもいいんだよ?
イチロー、Youが帰っちゃったら寂しいよ。泣いちゃうよ。
戻ってきたくなったらいつでも戻ってきていいんだからね。


と言っていた。



もう「お別れ」とか「寂しい」っていう感情が分かるんだね。



聞いてても本当ほっこりするし、英語で言うのでかっこいい(笑
(最近は家ではめっきり英語しか話さなくなってきている・・・)



言われてる彼女も、すごい喜んでる。
英語で言われるので、映画のワンシーンみたいです!!!ってwww



なんで帰るのかしつこく問われた彼女が、
ビザが切れるし、
もうお金がなくなってきちゃったからだよ

と、率直に答えたら、


「ビザ」とはなんぞやのイチローも、
お金がないっていうのは理解したらしく、
今日の夕飯のときに



イチローのお金、使っていいよ。
ねぇ、お母さん。
イチローのお年玉、○○さんに上げて。




と言われた。



どんだけスイートなんだーーーー!!!!!!



いや本当、発言が可愛すぎる。



どんだけ彼女の事好きだよ。



イチローの大切なお年玉をはたいてでも、
彼女にうちに残ってもらいたいんだね。



あぁ、かわいい。切ない。成長に感動。
彼女が帰っちゃうの、とっても寂しいよね。



イチローのそんな成長も垣間見れて、
住み込みのお手伝いの子をとるというのはとても良い経験でした。



シングルマザーの我が家は、もはやお手伝いの子なしでは回らないくらい
必要不可欠な状態になっているのに、
コロナ騒動のおかげで、次の方はいつから取れるのか分からない状況です。



早速いなくなる明日から「帰り遅くなる」とか言ってる使えない夫もいるし、
あぁ。。。誰か早く見つけなくては。。。



これだけは記録しておきたくて、
とりあえずなぐり書きのように記録しました。

もう1つ、イチローのキュンキュンストーリーを書きたいのに、
時間がない 涙




back to TOP