FC2ブログ

Precious Diary

I am 昔は主人より男前!現在情緒不安定!!只今イギリスにて手探り2人育児中!!!

◎  イチローちょびダウン 

先日、朝起きたらイチローさんが大人しい日があった。
大人しいというより、元気がない。


熱を測ると、いつもよりちょい高。


そして何故か、右目だけ涙でウルウル。
20160404_eye01.jpg


右目だけ、どんどん涙が溢れてきて、どんどん目ヤニになる。
20160404_eye02.jpg



母さん心配すぎて、すぐにGPに飛んで行きましたよ。


赤ちゃんはウォークインでもすぐに診て貰えるらしく、
受付のお姉ちゃんが元気のないイチローを見て
『なんて可愛そうなの』と、ウォークインドクターにすぐに電話を入れてくれた。


目は何かのインフェクションだろう。
熱は少しあるみたいだけど、心音は正常なので問題ないだろう。


という事で、目薬といつものパラセタモールを貰って帰って来ました。


こっちの医者とか信じてない私は半信半疑だったんだけど、
お目目は目薬を入れたらその日のうちに治ったし、
熱もその日には下がりました。


良かった。


きっと日本からこっち戻ってきた事で疲れさせちゃったのでしょう。


ごめんよ、イチロー。


それにしても、我が子の具合が悪くなると、
いてもたってもいられなくなりますね。


もっと精神的に強い母親にならないと、
いちいちこんなにオドオドして、落ち込んでるようじゃ、
心臓がいくつあっても足りないなと思いました。


取りあえず大事に至らなくて良かった。



◎  GPでまたガッカリ 

育児が苦痛だ・・・って思う最大の原因が、
いつまでも自分の体が全快しないからだと思われる。


産後、代わる代わるどこかが不調である。

病院へ行く

残念な結果しか返ってこない。

新しい不調箇所が出てくる

病院へ行く

やっぱり残念な結果しか返ってこない。



11月からこの繰り返しです。
なーんにも良くなってない。


そりゃブルーにもなるわ。


そしてまた、昨日から新たな不調が。。。


右目の目頭部分が腫れだしました。
今朝になったら、昨日よりプックリ腫れて視野が狭くなってしまった。


日本ならここで眼科に行くでしょう。


でも、イギリスでは、保険適用で眼科に行くには、
まずGP(総合医のヤブ医者集団)に会って、
そのGPに『眼科へ行くのが必要ですよ』って言ってもらって、
それで初めて眼科へ行く事ができる。


超時間の無駄なんですけど。
何の為に毎月保険代を払ってるんだろうって思う。


でも、しょうがないのでGPに行ってきました。


やっぱり残念な結果でした。


若造のお医者さんだったんだけど、
私の目を見て「どうしようか」とおもむろにネットサーチを開始。


ネットを元に診断されましたよ。


『眼科に行く必要は?』と聞くと、
『取りあえず今よりひどくなったらまた戻ってきて。』との事。


時間の無駄なんですけど。


そして、出された処方箋を薬局に持って行くと
在庫ないよってね。


私ね、ここで子供育てて行く自信ないかも。


こっちで子育てするのが夢だったけど、
出産の時もそうだったけど、医療サポートが頼りなさすぎる。


こんなんじゃいざって時、不安で不安でしょうがないよ。


NHSなんてやめちゃって、
きちんと患者それぞれから金取って診察して、
医療サービスのクオリティ上げろよ。


病気になる度にこの国が嫌いになります。
あと、郵便物が満足に届かない度ね。


◎  8週予防接種 

医師の成長チェックが終わると、今度はナースのお部屋に移って注射の時間。


こないだ注射の予約を入れようとした時、
今ナースがいなくて面接中だから、また今度電話して
と言われたんです。


そして、今回現れたのが黒人のおばちゃん。
すっごい何喋ってるのか分からなくて、
理解するのに3回くらい同じこと言ってもらった。


どうせ雇うなら、まともな英語喋る人にしてくれよ。
NHSって英語に癖がある人が多すぎて、理解するのが大変です。


そして、注射のお時間。


日本の2か月の赤ちゃんが打つ注射+MenB(B型髄膜炎)という
日本では打たない(?)ワクチン、
合わせて
口から1本注入+足に3本の注射でした。
※こちらは生ワクチンは腕に、不活化ワクチンは足に筋肉注射らしい。


こないだのBCGの時とは比べものにならない声で泣き叫びだしたイチロー氏。
そりゃそうですよね、何本打つんだよって感じだよね。


私も耐えきれず大泣きしてしまい、
ナースにカーテン締められてしまいました・・・
(今回もイチロー抱っこ係はサムライ氏だったので、私は泣くだけ)


あー、注射って辛いぜ。


私に変わりに打ってくれるなら、
何本でも耐えるのに。


MenBのワクチンが熱を引き起こすみたいで、
注射の直後からイチロー氏はグッタリ。


この国得意のパラセタモールを処方してもらい、
薬を飲ませながら、息子は今、果敢に体に入り込んできた菌たちと戦っています。


体をグッタリさせながら、注射の記憶が蘇るのか、
時折顔をしかめたり、急に泣き出したりするイチロー。


こんなに小さい子に注射して、しかも熱まで出るっていうのは
本当に本当に可愛そうで、
変わってあげられないのがもどかしい。


夜な夜な、苦しそうに眠る息子の顔を見ながら、
この子のためなら、何だってできるなって思い、
これが親ってもんなんだなって改めて実感しました。


4週間後も注射、8週間後も注射。
8週間後にはまたMenBが打たれるので、また熱を出す事でしょう。


頑張れ、イチロー氏。
一緒に強くなろうね。


早く元気になってね。


◎  8週チェック 

イチローさん、昨日はGPでの8週目チェックと、
先日のBCGに引き続き、第2回目の予防接種を受けてきました。


うちの息子、出産時の嫌な思い出といい、
かかとから血取る時の研修生の失敗といい、
黄疸チェックの時の血こぼされ事件といい、
多分病院運が悪いんでしょうね。


今回も医者のチェックの際に研修医が同席していて、
その研修医に教えながらのチェックになったので、
イチロー氏ギャン泣き。


赤ちゃんがギャン泣きしてるのに、
構わず自分たちのペースで人の息子で勉強してるのが
非常に腹ただしいです。


この時、私は自分の診察と時間が重なってしまい、
イチローはサムライ氏に任せて、私は別のドクターの診察を受けていたんだけど、
イチローの鳴き声が私の部屋まで聞こえてきて、
一体何されてるのか気が気じゃなかったです。


ずっと黄色い赤ちゃんの息子。
黄疸、本当に大丈夫か再確認したところ、母乳黄疸だから大丈夫でしょうとの事。
『あと2か月もしたら良くなるわ』って。。。


なんか本当かよって感じだけど、信じるしかないもんね。
一応血液検査までして問題ないって出てるわけだし。


病院に行く度に、病院は日本で行きたいなと思うのでした。


この後、予防接種です。


◎  息子と出会うまで③ 

タオルに包まれて息子が会いに来てくれた。


とつきとおか、私のお腹にいた私たちの初めての子供。
20151113_babyborn06.jpg



ファーストキス。
20151113_babyborn04.jpg



ずっとずっと、ずっと会いたかったんだよ。
やっと会えたね。


たくさん時間がかかってごめんね。
無事に産まれて来てくれてありがとう。


辛い思い、たくさんさせてごめんね。



色んな思いが溢れ出して、涙が止まらなかった。
20151113_babyborn03.jpg



こうして私のお産は終了したのでした。



閉腹してから薬の影響で吐き気がひどかった私に変わって、
サムライ氏がskin to skinをしてくれていた。
20151113_babyborn05.jpg


サムライ氏も、3日間ほとんど寝ないで私に付き添ってくれてありがとう。


これからは家族3人で色んな事を乗り越えて行こうね。


※病院は居心地が本当に悪かったので、2日後には退院しました。
※唯一「良かった」って思えるのは、傷口が綺麗な事。





back to TOP