FC2ブログ

Precious Diary

I am 昔は主人より男前!現在情緒不安定!!只今イギリスにて手探り2人育児中!!!

◎  素朴な疑問 

先日、お友達のおうちの夕食会にお呼ばれされ、
ひっさしぶりにフルメイクをして参加しました。
(普段は日焼け止め塗って、眉毛描くのみ)



その甲斐あって、他の参加者から、
日本を離れて長いのに、
まだそんなに日本人ぽくいられるなんて素晴らしい!
キレイやわ〜

とお褒めに預かりました。

※多分、この表現は海外生活の長い日本人ならではの表現でしょうね。
言いたいことはすごく分かる。



普段、本当こ汚い格好して、
夕方になるにつれて、テカテカの顔になっていき、
髪の毛は常に邪魔にならないように
1本でくくってるだけの
色気もくそもないような生活を送っているので、

キレイだと絶賛された事がとっても嬉しかった。



そうか。
私もキレイになれるのか。と思った。



でもね、ふと思ったの。



普段ファンデーションをつけてる人(多分ほとんどの人だよね)って、
自分の子供と顔をくっつけたりしないのかなと。



私はイチローと自分の頬をくっつけるのが非常に好きで、
しょっちゅうピッタンコしてるんだけど、
この日はファンデーションを塗っていたので
今日はお母さん、お顔汚いから
くっついちゃダメだよ。

と言っておいた。



化粧をすると、子供とくっつけなくなって
それが結構嫌だなと思ったのでした。



ファンデしてる人は気にしないのかな。



その日からイチローは、くっつく前に

お母さん、今日はお顔キレイ?洗った?

って聞くようになったw



きれいだよ。


と言うと、



こないだ、お母さん、おめめ、
クレヨンでお絵かきしてたもんね〜




と言っていた。



子供の記憶の中でも、
お化粧をした母の記憶が残ったらしい。



それにしても、アイシャドウをした目を
クレヨンでお絵かきって・・・



どんだけ可愛いんだ。



スポンサーサイト



◎  あくどいよねぇ 

先日、ナーサリーにフォトグラファーが入っていたようで、
その時の写真が今日リリースされました。



クリスマスカードとかにも使えるよう、
他の子たちが写り込まないようにしてある完全ソロショット。



もちろん販売ですよ。
※普段の写真は何ヶ月かおきに、無料で見れます。DLはできないんだけど。




さて、いくらだと思う?



こういうのは悪どい商売だと思うんですよ。
だって、親は欲しいもん。
保育園中の子供が、どんな顔して遊んでるのか
興味ない親いないでしょ。



そこをついてきている、とても悪どい商売だと思いますwww



日本で行かせていた保育園から写真が発行された時も、
1枚500円だか、600円だかして、
そのくそ高さに驚いたけど、
今回はなんと・・・・・



4枚セットで55ポンド!(8000円)
しかも、これがミニマムオーダー!



やるよねぇ、ナーサリー。
足元見てるよねぇ。



あぁ、怖い、怖い。



写真1枚2000円ですよ?
どこのアイドルだよ。



でもね、、、、



もちろん買いましたよ。



そりゃ買うよね。しょうがないよね。



だから、見て下さい。
少しでも多くの人に、うちの可愛い息子を披露して
もととりたい←



20181024_05.jpg

20181024_02.jpg

20181024_03.jpg

20181024_06.jpg



全部で10枚あったんだけど、本当どれもが楽しそうで
お金のかかるナーサリーだけど、
ここに行かせて良かったなと思います。



でも、いちいち足元見られてるストーリーがあるので
その話も後日書きたいと思います。


◎  親としてできる事 

今日、ナーサリーにお迎えに行ったら、
1学年上の女の子がイチローに馬乗りになっていて、
息子はとても嬉しそうにパカパカお馬さんをやっていた。



私を見つけるなり、すぐに私のもとへ飛んできて、

今、アナベルと遊んでたんだよ!

と教えてくれた。



女の子に乗られている姿を見るのは、母的には微妙な心境だけれども、
イチローがとても楽しそうだったので、まぁよしとする。
ただ、将来が心配。。。笑



彼はここ2週間で、
ジャックに指を噛まれ、
ダイアンに階段で押されて額に怪我をし、
名前がよく聞き取れない子に鼻をギューとつままれて
両鼻から鼻血を出した。



これは本人も教えてくれるけど、
担当の先生からもきちんと報告を受ける。
そして、説明を受けましたよというサインをしなくてはいけない。



なんか、こうもクラスの子に傷つけられる事が続くと、
親としてはメチャメチャ腹ただしくなるんですよ。



ジャックが指噛んだくらいは「そっかぁ」で済んだけど、
額に怪我したのと、鼻つままれたのは同じ日だったから
なんでまたうちの子が(怒
ってのがあるよね。



きっと、2才だと理由もなくまだそういう事する子って
普通にいるんだと思うけど、
うちの子は全くそういう事はしないし、
私は大人だから「なんでそういう事するの?」って思ってしまう。



イチローがまだしっかり英語喋れないからかな
毎日なんかよく分からない言葉喋ってるからかな

などなど、やっぱり言葉がハンデになって
イジメられてるんじゃないかな
とか思ってしまうのよね。



でも、客観的に考えると、
うちの子はまーよくベラベラ喋る方だけれども、
同じ月齢でも、母国語すらまだきちんと喋らない子もいるわけだし、

「イチローが喋れないからかな」というのは
大人の勝手な考えであって、
2才の子の行動に「なんでそんな事するの?」ってのは
あまり大きな意味はないんだろうと推測する。



お友達にこうされて痛かった、悲しかったっていうのは
成長する過程できっと大切な事だから、
親として今できる事はジッと耐え、
見守る事なんだろうなと夜な夜な考える。



本当は先生に詰め寄って、
なんでまたイチローが怪我してるんだ!
そんな暴力ふるう子の側にイチローを置かないでくれ!!

って言いたいけど、ここはグッと我慢だぞ、私。



きっとこれから先、もっともっと胸が苦しくなるような事がでてくる。
モヤモヤする事も増えるだろう。
でもその度、親が出て行ってたら、イチローのためにならないもんね。



怪我したって、毎日本当楽しそうにナーサリーに通うイチロー。
その姿を見てるのが非常に幸せな母です。



頑張れ、イチロー。
そして、頑張る。私。



◎  イチローの優しさ 

週の初めの3日間ほど、イチローがお熱くんでした。



日中はジローとの2人の生活に慣れてしまっているので、
連日子供2人と家に缶詰というのは辛かったです。



しかも、辛そうにしているイチローを見ているのも辛かった。



でね、お熱があった時の夜の事。
夜中の2時くらいかな。



いつもの通り、イチローとジローに挟まれて
とても窮屈に寝ていたんです。



私は子供に挟まれて寝ている事を「幸せ♡」だけとは感じられないので、
毎日とても1人で寝たいと思い続けています。




お熱で起きちゃってたイチローに
母さんトイレ行ってくるから待っててね
と行って、トイレに行きました。



戻ってきたら、案の定ジローが私のぬくもりを追って寝返りを打っていて、
私の寝るスペースがなくなっていた。



「はぁ・・・」ってため息をついていたら、
ウトウトしていたイチローが、横にずれてくれて

お母さん、ここ、どけてあげたよ。
一緒に寝よう♡


って、私にスペースを作ってくれたんです。



そのスペースは、頑張ってもぬいぐるみ1つが入る程度の
狭いスペースだったんだけど、

自分が熱で辛くて、ウトウトしながらも、
母のためにスペースを作ってくれたイチローに
涙が出ました。



母さん、いつも一緒に寝るの嫌だって言って
ごめんねって、素で泣けた。



そして、その少しあと、
ゴホゴホと咳をし続けるジローに、
そっとジロー用(とイチローが決めつけている)のうさぎのぬいぐるみ
通称「ねんね」をおいてあげていた。



正直、ジローはねんねに対する執着は全く無く、
むしろいらないくらいなんだけど、

自分が辛い時、ねんねが心の救いになっているから、
だからジローにもそっと置いてあげたんだなって思うと
また泣けたよね。



いや本当、うちの子めちゃめちゃ優しくて
どうしよう。



なんて幸せなんだろう、私。



そう思いながら、その夜は窮屈な中寝ました。



でも、その後もしばらく1人で喋り続けていたイチローに、
30分後には「うるさいイチロー。お喋りしてないで、目瞑って寝なさい」って怒っていましたwww
私は眠さには勝てません。




やっぱり子供はうるさいくらい元気でいてくれる事が
とってもとってもありがたい。



大好き。



◎  びびりくん 

こないだ動物園に行ったときの写真。



イチローは必ず象から見ます。
20181013_02.jpg



動物園が広すぎて、
動物たちもすーぐ見えない所行っちゃうからね。
20181013_01.jpg



でね、うちのビビリくん。
本当、どうしようもないビビリでさ。。。



象のエリアの入り口に、象のウンチの石像があるんだけど、
これに乗せただけでギャン泣きですよ。
20181013_05.jpg



本物のうんちの上に乗せられたと思って
一人大騒ぎですよ。
20181013_03.jpg



何歳までビビリで行くんだろか。



可愛いんだけど、心配。





back to TOP