FC2ブログ

Precious Diary

I am 昔は主人より男前!現在情緒不安定!!只今イギリスにて手探り2人育児中!!!

◎  第二子! 

突然ですが。




年末(もしくは年始)に、
家族が一人増える事になりました♡




わーーーい!



今回、見事なまでの計画妊娠で、
子作り宣言をしてから、1回目のトライで見事に的中。



タイミングを取ってから11日目には、
フライング妊娠検査薬にうっすら陽性反応が出ました。



クリアブルー、すげーぜ。
※イギリスのクリアブルーは生理予定日の5日前から反応します。



なんか今回は、
何となく「今日が排卵日かも」っていうのも分かったし、
「受精したかも」ってのも分かったし、
「着床したかも」ってのも分かった。



まぁ、もちろん勘違いかもしれないんだけど、
何となくね。



右の卵巣部分が痛かったり、お腹がゴロゴロしたり、
生理痛のような腰の痛みが来たり、下痢になったり。



なので、陽性反応が出た時は
やっぱりねー!って思いました。



と、割と早い段階で妊娠に向かってる事に気づいたので、
今回、時間が過ぎるのが遅い遅い。



もう1か月も前から私は妊婦気分なのに、
実際のところはもうすぐ3か月になる所です。



で、何故限定記事に書いているかと言うと、
日本に帰るまで、家族には内緒にしておきたいからです。



妹たちがもしかしたら私のブログを読んでいるかもしれないので、
なので限定記事。



9月に一時帰国の予定なので、
その時にババーンとお披露目するつもりです^^



母が2人目を待望しているので、
きっと喜んでくれるでしょう。

9月に知って、3か月後には産まれてくるなんて、
知る方としては嬉しい事でしょうね。



さて、最近はつわりがひどくて、毎晩夜になると吐いています。



多分、妊娠6週目くらいから始まり、
イチローの時よりひどい感じで、メンタルもかなり来ています。



今、かなりブルーで、日本に帰りたくて、帰りたくてしょうがない。



イチロー出産時の苦い思い出があるので、NHSでの出産が怖くてたまらない。



今回こそプライベートで産むつもりだったのに、
まさかのプライベート病院が近くにないという事態。
※プライベート病院のほとんどはロンドンらしいです。



なので、今回も命をかけて、またNHSで産む事になります。
日本で産む事も検討したけど、やっぱり既に1人いるのでそう簡単には身動き取れず。



とにかく今は気分の落ち込みがひどすぎて、
毎晩サムライ氏に愚痴愚痴いっています。



なんで私ばっかりこんな思いしないといけないんだ。

もう日本帰りたい。

本当に日本帰りたい。本帰国。別居して。



過去最高に今、帰国したい願望強しです。



酒も飲めなくなって、夜にする事もなくなり、
ひたすら嘔吐と戦っている最近です。



1日も早くツワリから解放されますように。



◎  1st Trimester Screening / 13週5日 

本日、初めてのNHSスキャンでした。
これが公式での初めての超音波検査です。


検査薬で妊娠が発覚してから2か月弱。


私はグリーンメディカルで既に2回もスキャンしてもらってるけど、
NHSの力だけで産む人たちは、この長い期間
私のお腹にはベイビーがいるのよ~♪
っていう思い込みだけで過ごしてきたのかと思うと、精神強いなと思います。


よく耐えられるよね。


その分、初回スキャンとなる今回、
めっちゃ細部まで見てもらうことができました。


正直、NHSやるじゃん!って思った。
というか多分、UCLH(私の病院)やるじゃん!なんだと思うけど。


ドクターとは会わないと思っていたのに、そこにはドクターと呼ばれる人がいました。
それと、多分超音波技師の女性。


予約時間より5分前に呼ばれ、
そこから30分ほど腹出しっぱなしで、
あちこち・そちこち見てました。


いちいち細かく説明してくれて、とても助かりました。


検査結果です。


ダウン症リスク:低
脳:ノーマル
心音:ノーマル
背骨:ノーマル
腹部:ノーマル
お腹の様子:左側のみ確認(動いでくれなかったから)
膀胱:確認
手:両手確認
足:両足確認
血液検査結果:問題なし



良かったー!問題なし!!


手と足があったのは分かったけど、
指はきちんと5本あるか聞いたら、わざわざ数えてくれました。


赤ちゃんの向きを変えさせるために、
お腹を超ボインボインされてびっくりしたけど、
必要な部分の血流状況とかも赤と青で分かりやすく見えて、
心音も何度も確認してもらえて、
非常に満足なファーストスキャンでした。


一応写真もらってきたけど、なんでこの画像が選ばれたのか不明。


すっごい分かりずらずらいけど、横顔ドアップです。
20150515_scan.jpg


ま、鼻が高そうで良かった。


次の20週スキャンの時は日本にいるので、ここでは受けられない事を伝え、
36週時のスキャンの予約をして帰って来ました。


相当な待ち時間を覚悟して行ったのに、
全部が順調すぎて呆気に取られた初めてのNHSスキャンでした!


そうそう。
予定日も3日早められたけど、これはあんまり信用しな~い(笑


◎  4か月に入りました! 

12週に突入しました。
日本でいう安定期まで、あと4週間ですね。


こちらは、日本みたいな重鎮なる検診もないので、
気分は随分前から勝手に安定期ですけど。。


腹の中のベビは今、こんな感じだそうです。
もう結構な人間になっていますね。
20150507_01.png


今、丁度生殖器が形成されている時期だそうで、
生えてくるなー、生えてくるなーとお願いしています(笑


でも、周りからは男の子が産まれてきそうな気がするって言われます><。


10週少しくらいからツワリも軽くなったので、そこら辺から体重も少しづつ上昇してきました。
今で、妊娠発覚時と比べてマイナス1.5kgです。
丁度いいくらいじゃないかと思われる。
20150507_02.png


腹はもともとから出てるし、
もっと出ていた時期もあるので、
全然膨れて来た感はありません。


でもまぁ、そろそろかな?と思い、
15年間つけ続けてきたヘソピアスを外しました。


へそに輝きがないというのは、何だか変な気分です。


来週はNHSでの初めてのスキャンがあるので、
サムライ氏と2人で行く予定。


早く会いたいな~♡


◎  感染症の疑いあり 

先日の血液検査&尿検査の結果が届きました。


そして、ミッドワイフからのメッセージも添えられていて、
それが驚きの手書き!


私、外人の手書きの文字って超苦手です。
クセが強すぎて読めません・・・


でも、何か書き添えられてあるという事は、大事な事なんだろうと思い、
頑張って解読。


血液検査の結果はノーマル。
尿検査の結果、不確かなxxxxxのmixed growthがありました。
もし、xxxx感染症のxxxxがあるなら、GPに行って下さい。
もし、心配事があるなら、気軽に連絡してきてね。



重要な部分が全然読めなくて、めちゃめちゃ心配事になってますけど!!!!


この手紙が届いたのは土曜日。
ミッドワイフは休みだし、GPも休み。
なんで心配の種を土曜日に送ってくるんだ。。。


尿検査が何かに引っかかってる事は分かるけど、
その何かが全然読めない。。。


サムライ氏と2人、力を合わせてその汚ない文字を解読。


ここの単語とこれ、同じじゃない?とか。
間違え探し状態ですね。


結果、尿路感染症にかかっている疑いありという事に結論づけました。


「mixed growth」という単語の意味がイマイチ分からなかったんだけど、
多分、私のこの弱小膀胱が原因なのでしょう。


尿路感染症、ネットで調べてみた。


尿路感染症(UTI)は妊娠中にかかる人が多い。
発見後早期に治さないと、早期陣痛ならびに前期破水のリスクを増大する。



との事。


要は膀胱炎みたいなものなのかしら。
私はこの膀胱炎と、一体いつまで付き合って行けばいんでしょうかね・・・


取りあえず、早速GPの予約をしました。


はぁ。


◎  初めてのミッドワイフ検診 

初めてのミッドワイフとの面談に行ってきました。


病院はユーストンにあるUniversity College London Hospital
通称UCLH、もしくはUCHです。


私の場合は、UCHが地域の病院に指定されているので自動的にここでしたが、
他エリアに住んでる人とかでも、「どうしてもここの病院がいい!」と言って、
あの手この手でUCHにやってくる人もいる程の人気病院だそうです。


人気の秘密は、やっぱり施設が新しい事なのでしょうか。。。?


私は不妊治療もここだったし、
他の病院を見たことがないので、何とも言えないけど・・・


私的にグッドポイントなのは、UCHはエコーがスタンダードで3回に設定されている事。
33週に成長課程を見てくれるスキャンが組み込まれているのが嬉しいです。
※先日BBCでも、この後期のスキャンを組み込む事で、Stillbornが半分以上減るのではとニュースになっていましたからね。


その他のメリットはこちら。
Why choose to have your baby at UCLH?


地域のどの病院に行こうって悩まれてる方は、
こういったサイトで色んな統計を見て決められるのが良いんじゃないかと思います。
http://www.which.co.uk/birth-choice/
http://www.nhs.uk/Service-Search/Maternity-service/LocationSearch/1802


さて、ミッドワイフとの初めての面談。


黒い人種のガタイの良いおばちゃんを想像していたんだけど、
普通の英語を話す、普通のイギリス人のお姉さんでした。
多分、私より何個か年上じゃないかと思われる。


1時間程度、過去の病気や家族の事を問診されました。


あ、多分英語が不安な方は通訳も無料でつけてもらえると思います。
チェック項目がありました。


色々お話をして、私の過度なマタニティブルーが心配だって事になり、
色々アドバイスを受けました。


かなり優しいミッドワイフで、わたし感動。


この日は尿検査、身体測定、血圧測定、血液検査をして終了。
血液は試験管6本も抜かれて、本当~にそんなに必要?って思いましたよ(笑


あ、あと、グリーンメディカルで予定日が修正された事を告げ、
初回のエコーの日程も4週間後に変更してもらいました。


エコーは超音波技師の担当なので、ミッドワイフとは会いません。
じゃ、次は6月ね!と、あっけらかーんとバイバイ。


4月の次の検診が6月だなんて、なかなかザックリな国です、やっぱり。


日本で言う母子手帳をゲット。
これに今後の経過が書きこまれ、出産と同時に取り上げられるようです。
20150421_0001.jpg


ミッドワイフとの面談も終了し、
あぁ、イギリスで出産するんだなぁという気分が少し沸きました。





back to TOP