FC2ブログ

Precious Diary

I am 昔は主人より男前!現在情緒不安定!!只今イギリスにて手探り2人育児中!!!

◎  ぽんこつ 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
スポンサーサイト



◎  可愛いイチロー 

イチローが2才の時の節分の様子が動画に残っていて、
それを結構前に息子と見ました。



妹の家で家族全員で団欒している時に、
鬼に扮した義弟が外からやってきて子供たち大パニック

っていう、大人からしたら笑える動画なんだけど、
もうイチローも笑って見てくれるかと思いきや、その日から



日本へは行きたくない。
ともんち行くと鬼が来るから、ともんち行きたくない

と言い出した。



子供だし、節分なんて行事もわからないから、
日本の家にはたまに鬼が出るって思ったらしい。



その日から、
イチローが日本行くのは3月だから、鬼は出ないよ。
日本に鬼が出るのは2月だけだよ

若干変ななだめ方をしていますw



そして新年になって、
普段、私は子供の前では自分の見たいテレビは見ないんだけど、
どうしても「笑ってはいけない」の剛くんのシーンが見たくて、
イチローがいたんだけど、見ちゃったの。



剛くんのシーンだけ見て、テレビ消して、
イチローに日本帰ったら、日本のバスも乗ろうねと言ったら。



やだ。



と一言。



バス・電車大好きなイチローだから、絶対乗りたがると思ったのに、
なんで嫌なんだろうと思ったら、



日本のバスに乗るとヒットされるから、日本のバスには乗りたくない。
日本も行きたくない。


って。



一瞬頭がハテナになったけど、
バスに乗った人たちが、お尻をヒットされてる姿を見て
日本のバスに乗ると、もれなくケツを叩かれると思ったんだって分かり、
私達、大爆笑。



イチローにとっての日本のイメージは、



家にいると鬼がでてきて、
バスにのるとお尻をヒットされる国。




そりゃ行きたくないわな。



あー、可愛い。
子供って本当純粋。


◎  2020年 

明けましておめでとうございます。
こちらは2日から通常通りの生活になっています。



久しぶりのイギリスで迎える新年だったけど、
やっぱり正月は日本に限る。

全然新しい年になったぜ感がありません。



今年の年末からは毎年帰れるかなぁ・・・?



今年の目標は

これ以上、夫婦関係を悪化させない事。



去年は本当に生活にストレスが多すぎて、
常にイライラしていたような1年でした。



進歩せず、ただ後退していくばかりのサムライ氏にも飽き飽きし、
何度も何度も離婚したいなと思いました。



母親はいつも不機嫌だけど父親がいる方が大事か、
父親はいないけど、母親が笑ってるほうが大事か、
何度も何度も考えた。



なので、毎年思ってるけど、
今年こそ穏やかに過ごしたい。



そう過ごせるように私も努力しようと思ったのに、
既に2日から「あぁやっぱり離婚したい」って思いましたが。



自分ばかり努力しても、
あちらも変わってくれないと無理だよなと
新年早々がっかりしました。



もう子供を産む予定もないし、
今年中にはホルモンバランスも整うだろうし、
願わくば私のこの異常なるイラつきはホルモンのせいだったって事で
これ以上、夫であり、子供たちの父親に対して
「悪」の気持ちが増長しませんように。



今年は平和に過ごせますように。



本当切実。



よろしくお願いいたします。


◎  クリスマスディナー 

今年のクリスマス、骨付きビーフを3kgちょっと仕入れました。
なかなかの肉の塊でしたよ、3キロ超え。




ひっさしぶりにローストビーフを焼いてみた。
もう5年か6年前です。お料理教室で習ったの。

久しぶりすぎて、すっかり手順を忘れて四苦八苦だったけど、
何とか美味しくできましたよ。




この盛り付け方と分厚い切り方ね・・・・
せっかく美味しく作ってあげてるのに、適当に切られて、
適当に盛り付けられるの、すごい腹立つわ。




お手伝いの子がヨークシャープディングを大絶賛してくれて、
とても嬉しかった。
(ただの中身空洞のシューだけど、なんか美味しいのよね)



クリスマス期間中、ローストビーフを2回焼き、
食べきれなかった肉と骨を煮込んでのスパイスで作ったカレー。




クスクスに合わせてみたんだけど、絶妙でした。
何なら、ローストビーフより美味しかったです。




3kgの肉が3日分3人の大人の夕食になり、
まるまる骨まで無駄なく使えて、非常に大満足なクリスマスディナーでした。


ただ、料理中、左手の広範囲に火傷をおいかなり痛いです。
名誉の負傷・・・



◎  クリスマス・デイ 

クリスマスイヴの夜、子供たちの喜ぶ顔を想像しながら
ツリーの下にプレゼントを並べた。



その日の夜は、私自身が楽しみすぎて
あまりよく眠れなかった。

ちなみに、お手伝いの子も
喜ぶ顔が見たいからと5時に目覚ましをかけてスタンバってた(笑



が。



クリスマスという楽しいイベントは認識したものの、
プレゼントが置いてあるという仕組みはまだ理解できていなかったらしく、

朝っぱらから大人3人がワクワク顔で子供の反応を期待するのに比べ、
イチローはポカーン。なーにー?って感じでした。



ま、そんなもんだよねw



それより驚いたのが、

サンタさんにミンスパイとオレンジジュース、
レインディア(トナカイ)に人参、
用意してあげなかったじゃん!

と訴えてきた事。



これはこないだ、サンタに会いに行った時に
サンタが私達に言った事だった。



サンタの声も小さかったし、
私自身も何言ってるのかよく聞き取れなかったし、
イチローももちろん無反応だったから、
分かってないと思ってたのに、



それ、用意しておいてねって誰に言われたの?

って聞いたら、

こないだサンタさんに会った時言われたでしょ

って。



いやーーーー、うちの子天才かと思ったwww



つくづく、親の英語力より上がってきてるんだなと思いました。



こないだも、サムライ氏が
クリスマスに因んだ英語の本を読んであげてる時、イチローが

お父さん、なんでルドールフなの?

と言った。



私も近くで聞いていたので、
イチローが何を言っているのか分かった。



でも、当の言われている本人はやっぱり分からなくて、
ルドルフっていうのは、レインディアの誰かのお名前がルドルフなんだよ
とか言って、「ルドルフ」の説明しだしたもんで、



違いますよ。君は今、発音を指摘されてますよ



と教えてあげた。



ルドルフのスペルはRudolf
でも、Rが発音できないサムライ氏の読み方がLudolfだったから、
イチローはそれを「なんでLudolfって言ってるの?」
と言ったのだ。



子供の成長って素晴らしい。



これから先、サムライ氏なんか、何か喋るたびに
音が違うって直されるんだろうな。



すごいな。子供って。

羨ましいな。

そして、誇らしいな。




back to TOP