FC2ブログ

Precious Diary

I am 昔は主人より男前!現在情緒不安定!!只今イギリスにて手探り2人育児中!!!

◎  初めてのJALファーストクラス 

今回の一時帰国は、私は全然乗り気じゃなく、
サムライ氏がどーしても帰りたいと言うので、
条件付きで、仕方なく帰る事にしたんです。



その条件とは。



帰りの便、私だけファーストクラスにしてもらう
という事。



日本帰るフライトは頑張れるんだけど、
こっちに戻ってくるフライトって、毎回ブルー。
朝飛ぶから子供全然寝ないし、「嫌」の塊なんですよね。


そして、フライトで疲れ切って、
時差ボケで疲労困憊・寝不足マックスの中
始まる不便な日常生活。



本当、毎回帰国便は頑張れない。



なので、子供たちは夫にお願いして、
今回は3年以上ぶりに1人でのフライト。
しかも、夢のJALファースト便で帰ってきました。



イチローが生まれてからは、
ブリティッシュ・エアウェイズに乗ってばかりだったので、
久しぶりのJAL。



5月にイギリス戻る時は、
ブリティッシュ・エアウェイズのファーストだったんだけど、
もう雲泥の差。



むしろ、BAのファーストなんて、JALのビジネス以下。
本当、JALのサービスは素晴らしかったー♡



出発前、息子たちはラウンジから見える飛行機に大興奮。




そして、私とはしばしのお別れ。
お席、やっぱり広かったわー。




そして、食事が本当にめちゃめちゃ美味しかったよ。
びっくりレベルで美味しかった。




お願いしたらベッドも作ってくれて、
本当に死ぬほど快適な旅でした。




後ろ〜の方では、夫が息子たちと悪戦苦闘と繰り返しているんだろうなと
たまに考えながらも、
私はとーーーーってもリラックスした12時間を過ごさせてもらいました。
映画3本も観た。



サムライ氏、どうもありがとう。



CAの方々にも
本当に優しい旦那様ですね〜
爪のアカでも頂いて帰りたいです〜
ずーっと赤ちゃん抱いて頑張ってらっしゃいますよ

と言われました。



が!



行きの便では、全然寝ない泣き叫ぶジローを
ずっと抱っこしていたのは私です。
あの人は寝ていただけです。
なので、シフト制みたいなもんです。ローテーションです。

と、心の中で思っていました。w



なんで、女が子供みてるのは当たり前で、
男が子供みてると褒められるんだか。



ま、何にしても、
妻にファーストクラスを捧げて、
自分は子供2人とエコノミー乗ってくれる、
しかも、優しく送り出してくれる夫は
そうはいないと思うので、
サムライ氏にも大感謝なフライトでした。



おかげで、割とスムーズにイギリスでの生活に
戻る事ができました。



あー、本当良かったなぁ、JALファースト。



スポンサーサイト

◎  家族写真 

撮影中、自分はなんて幸せなんだと感極まり、
端っこでシクシク泣いていました。



いや本当、息子たち2人が
元気で、可愛くて、可愛すぎて、私は本当に幸せですね。

bdp04.jpg

bdp05.jpg

bdp06.jpg



ジロー、お誕生日おめでとう。
生まれてきてくれてありがとう♡




◎  ジロー1才になりました! 

私の可愛い可愛いジローが、1月5日に1才になりました!



イチローの時ほど凝った誕生日会はしてあげられなかったんだけど、
家族みんなでお祝いしてくれて、
お誕生日フォトもまた地元で撮ってもらいました。



本当可愛いっす。
可愛い可愛いって想ってたら、あっという間に1才になっちゃいました。

bdp10.jpg

bdp12.jpg

bdp11.jpg



イチローの時は毎日が精一杯だったけど、
ジローの育児には余裕があります。
それもこれも、イチローを一生懸命育てた経験があってこそだなと。
よく頑張ってるぞ、私。

兄弟で遊ぶ事が多くなってきて、それを眺めているのが本当幸せです。
bdp01.jpg

bdp02.jpg

bdp03.jpg


◎  明けましておめでとうございます 

とっても遅いご挨拶になりますが、
明けましておめでとうございます。
今年もブログを書きたいのに書けないイライラを抱えながら
行きていきたいと思いますw



日本へ2週間行ってきました。



息子たち、特にイチローにとっては、
ただただ楽しい2週間だった事と思います。



私にとっては、ただただバタバタした2週間で、
どんだけ忙しいんだ?って位、毎日ゆっくり座る暇もない日々でした。



時差ボケが解消されてきた頃にこちらに戻ってきて、
今度はこっちで時差ボケ。



もちろん、息子たちもボケてるので、
夜、子供たちが寝てくれないと辛い思いをする母は、
もうしばらくは日本に帰りたくないなと思っています。



年始に、子供が無事に生まれてくるというのは
当たり前の事ではないという事を痛感する、
とても悲しい出来事がありました。



イチローとジローに出会えた事は奇跡なんだと思うようになった。



そんな大切なかけがえのない子供を
今年も精一杯愛して過ごしていけたらいいなと思っています。

ついでに、毎年ながら、サムライ氏の事ももう少し大切に
想ってあげられたらいいなとも想っています。



今年もよろしくお願い致します。



◎  クリスマスランチ 

クリスマスランチ。
我が家はシティ近郊のステーキハウスへ行きました。
(ファミリーレストランではなく、普通のお洒落レストラン)



沢山の店員さんとお客さんに可愛い可愛い言われる息子たち。

お店が忙しいのに、息子の工作を手伝いに来てくれる店員さん。

キーキー騒ぐジローにも、温かい眼差しをむけてくれる
他のお客さんたち。



やっぱり子育てはこっちだなぁ。




お手洗いから戻ってきた時、
自分の子供たちの遊んでる背中が可愛すぎて
あぁ、今年のクリスマスは幸せだなぁ
と思ったのでした。





back to TOP